ミニベロ乗りなら一度は試そう!最速タイヤ『シュワルベワン』に交換

ミニベロ最速20インチタイヤ『シュワルベワン/SCHWALBE ONE』イメージ01

ミニベロや折り畳み自転車などの小径車は、一般的な自転車よりもタイヤの消耗が激しく、寿命が短いと言われています。

タイヤが小さい故に同じ距離を走っても回転数が多い分だけタイヤの減りが早く、私の愛用するKHS製のミニベロ『F-20R』も3年目に突入するにあたり、リアタイヤに減りや傷が目立つようになってきました。

走行距離は4000kmほど、予想していたよりは長持ちしたかな?と言うのが素直な感想で、減りの少ないフロントタイヤと入れ替えれば、あと1000kmくらいは頑張ってくれそうですが、久々にミニベロカスタマイズする良い機会と考え、思い切ってタイヤ交換してみる事にします。

スポンサーリンク

ミニベロ最速の20インチタイヤ『シュワルベワン/SCHWALBE ONE』を試してみる

ミニベロ最速20インチタイヤ『シュワルベワン/SCHWALBE ONE』イメージ02

セカンドマシンのミニベロ『F-20R』には、20インチ小径車で一般的な406ホイールではなく、少しだけ径の大きい451ホイールが採用されていて、今まで使用していたタイヤは納車時からそのままのINNOVA 20×1 1/8(28-451)と言うKHSオリジナル製品です。

太さは28cと表記したほうがわかりやすいですが、ミニベロを趣味として以外にもママチャリ並みに生活の足として活用している私には、危なげなく扱える丁度良いサイズのタイヤでした。

当初は、同サイズで評判も良いSCHWALBE DURANO/シュワルベ デュラノ 20×1 1/8(28-451) に交換する予定でいましたが、調べて行くうちにミニベロ最速タイヤと名高いSCHWALBE ONE/シュワルベワンがリニューアルされたことを知ります。

前々から気になっていたミニベロ最速タイヤでしたが、以前のサイズは23cと私の用途には適さないデリケート過ぎる仕様です、ところがリニューアルにより20×1.00(25-451)の25c相当となり、十分に実用範囲に入ってきました。

多少不安は残るもののミニベロ最速タイヤの魅力には抗えず、今回は思い切ってSCHWALBE ONE /シュワルベワン 20×1.00(25-451)を試してみることにしました。

因みに、25cのシュワルベワンも28cのデュラノも、406ホイール用がしっかりとラインナップされいるので20インチのミニベロになら殆どの車種に使用可能です。

ミニベロ最速20インチタイヤ『シュワルベワン/SCHWALBE ONE』イメージ03

今回注文したのはタイヤ二本と予備を含むチューブ三本で、国内と海外の価格差があまりなかったのでトラブルの少ない国内通販を利用して購入しました。

とは言え、このシュワルベワンはミニベロタイヤとは思えないほど高価で、前述したデュラノのおよそ2倍のお値段です。

少しでも出費を抑えるために、チューブの使いまわしを考えたのですが、25cのシュワルベワンには7B-SVという20×0.90/1.10(451)用チューブを使わなければならない様で、予備用も含めて今まで使用していた451用チューブ四本は、残念ながらお蔵入りになりました。

重量はフォールディングビードのタイヤが181g、チューブが82gと、日ごろファットバイクの軽量化に勤しんでいる私にとってなかなか衝撃的な数値です…ファットバイクは軽量タイヤでも1kg、軽量チューブでも400g前後と激重ですから無理もありません。

シュワルベワンに交換するために今までのタイヤを外してみると、驚いたことにワイヤービードです、因みに重量はタイヤが293gでチューブが103gでしたので、今回のタイヤ交換で影響の大きい足まわりが一気に264gも軽量化できる予想外の結果です。

肝心のシュワルベワンの取付けですが、特にホイールへの収まりが悪いと言う事もなく、使い勝手抜群のCRANK BROTHERS製スピーディアータイヤレバーで難なく装着できました。

タイヤの空気圧は今まで7.5barが上限でしたが、シュワルベワンは上限9.0barとロードバイク並みに高圧で、不慣れなせいかフロアポンプでも上限一杯までポンピングするのに少し苦労させられます。

ミニベロの平均時速が2kmアップする?『シュワルベワン』で実走してみた

ミニベロ最速20インチタイヤ『シュワルベワン/SCHWALBE ONE』イメージ04

さて、ミニベロのタイヤを虎の子のシュワルベワンに交換してみたものの、四月にも関わらず全国的な寒の戻りでコンディションはイマイチです。

好天のタイミングを見計らって走り慣れた40kmのコースを流してみると、出だしからハッキリとわかるくらい走りが違います。

タイヤ自体の転がりが良い事はもちろんですが、足まわりの軽量化が加味されてる事もあり、リアならギア1枚分以上は確実に漕ぎが軽く、街乗りでは使用頻度の少ないフロントアウターを常用に格上げしても差し支えないくらいの感覚でしょうか。

ミニベロはマメにクランクを回さないと速度維持が難しいのですが、シュワルベワンは評判通りの御機嫌な転がり具合で、今までならペダリングを止めると自然に減速していた距離でも、スルスルと進み続けてくれます。

タイヤ幅が25c相当になり、空気圧も9.0barになったことで路面から伝わる振動や段差での突き上げが交換前よりも激しくなるのでは?と心配していましたが、ハンドルに伝わる振動にそれほど大きな違いは無く、突き上げによる衝撃は以前より力強く吸収される様になった印象ですね。

余談ですが、ここ数日で40kmのコースを2度ほど走行しましたが、強風だったにも関わらず平均時速が1km強もアップしていました、コンディションが良ければ特に意識しなくても2kmアップも達成できそうな予感がします。

まとめ

ここ数回の走りでは特に不満を感じませんが、25cとは言えタイヤが細くなった事による安全面への弊害や、肝心要の耐久性もまだまだ見えて来ていません、そのあたりは経過を見て追記していく予定です。

私個人の意見としては、ミニベロ歴が浅い方がいきなり手を出すには、安全面で少し心配な部分がありますが、逆にロードバイク経験者の方や普段からミニベロで荒れた路面や段差、グレーチングやマンホールなどを意識して走行出来ている方なら、過度に心配する事は無い気がします。

前述のデュラノも良いタイヤなので、スピードや軽快さよりも気軽に乗れる事や安全性を重視したい方、生活の足として活用されている方は少し太めのこちらを選んだ方が良いかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ