見た目はアレだが超速い!フルサスMTBに40cのグラベルタイヤを試す

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ01

私の所有しているフルサス29erこと『TREK Full Stache 8』は、標準で3.0インチ幅のセミファットタイヤに対応しています。

デフォルトのホイールには『Sun Ringle Duroc 40』というアルミ製リムが採用され、リム幅の外寸はその名が示す通り40mm、内寸が36mmという『オレ、こう見えてセミファットバイクなんで細いタイヤなんて相手にしないっすよ…』的な割り切った仕様になってたのですが、現在は以前記事にした通り、中華製のカーボンホイールに乗り換えています。

魅惑のホールレス&フックレス!29er用にカーボンホイールを購入
セミファットのフルサス29er用に中華製カーボンホイールを購入。強度の優れるフックレスリム、おまけにリムテープ不要のホールレスリムと、チューブレス用には超オススメでした。実用で40cから3.0インチ相当の75cタイヤまで履けるのも嬉しいです。

さて、この中華カーボンホイールはフックレス&ホールレス仕様、リム幅が外寸35mm、内寸28mmながら、3.0インチ幅のプラスサイズタイヤから700x40c幅のロード&グラベルタイヤまで幅広く使えてしまうらしく、そういった先達からの事前情報が購入の決め手にもなりました。

リム幅から考えると、実際にメーカー側が推奨する値は2.8~2.0インチくらいまでが安全圏ですし、細いタイヤを使うと間違いなくリム幅とタイヤ幅がツライチになってしまいますが、グラベルタイヤでよく見掛ける40cのタイヤが使えるとなると、否が応でも試したくなりますよね…

少し前に、タイヤを『Continental RaceKing』にしたばかりなのに再びタイヤ交換なんて我ながら頭が悪すぎですが、本格的な冬の到来を前に試すなら今しかない!ということで、今回はフルサス29erに40c幅のグラベルタイヤを履かせる実験をしてみます。

果たして、700x40cのグラベルタイヤはフルサスMTBにどのような恩恵と弊害をもたらしてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

はじめてのWTB製、グラベルタイヤ『Byway TCS』の詳細

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ02

グラベルロードが人気を集める昨今だけに、29erにも使用できる700x40c前後のグラベルタイヤの選択肢は豊作ですね。とはいえ意外に軽量な製品は少なく、マウンテンバイク用のXCタイヤとほぼ同じ600gくらいが一般的でしょうか。

私の知る限り、700x40cサイズ・チューブレスレディ対応・500g以下という条件で選ぶなら、マキシスの『Rambler 40-622』375g、シュワルベの『G-ONE SPEED 40-622』465g、パナレーサーの『GRAVELKING 38-622』340g、『GRAVELKING SK 40-622』430g、『GRAVELKING SS 38-622』410gあたりが狙い目ですね。

特にパナレーサー製は700x38c~43cサイズのグラベルタイヤに軽量な物が多く、今回はパナレーサー製のタイヤでいってみるか!と思ったのですが、興味本位のテストで購入するにはやや値が張ります…サイズは異なるもののシュワルベ『G-ONE SPEED』は以前に試していますし、マキシス『Rambler』はパナレーサー製に輪を掛けて高価と、頭を悩ませた結果。

そういえば、グラベルタイヤでは定番のWTB製を試したことが無かったかも…しかも結構安い!という単純な理由から、今回はWTBのグラベルタイヤ『Byway TCS』の700x40cサイズを購入してみました。

このBywayには国内未発売のモデルも含めて、700x34c、700x40c、700x44cの3サイズそれぞれに、Road TCSブラック、Road TCSタン、TCS Light/Fast Rollingブラックの3モデルがラインナップされ、最上位モデルのTCS Light/Fast Rollingはパンク耐性を強化したやや重めのタイヤとなり、Road TCSのタンカラーが最も軽量という仕様になっています。

個人的にタンカラーのタイヤが好きなので、迷うことなくByway Road TCS 700x40c のタンカラーを選びましたが、価格はが海外通販で一本当たり¥4000ほどです。決して安くはありませんが、一本¥10000超えが当たり前なファットバイクやセミファット用のタイヤで麻痺した私の金銭感覚には、それでもお買い得に感じてしまうのが悲しいところ。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ03

定番の計量をしてみると、実重量は449gとカタログ値の415gを大幅に上回る数値でした。米国企業で中国製という組み合わせだけに、この辺りは結構アバウトな仕上がりですね。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ04

トレッド面はセンタースリック仕様で、こんなに薄くて大丈夫なのか…と不安を感じたシュワルベ『G-ONE SPEED』と比べると確かな厚みを感じます。とはいえサイドウォールは薄くおまけにタンカラーなだけにそれに拍車が掛かってますね…サイドカットには要注意なタイヤです。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ05

タイヤサイドを光にかざすと、向こうが透けて見えるくらい薄いです…余談ですが、チューブレスレディでパンク修理する際はタイヤの内側からパッチを貼ることがあるので、タイヤ内側の作りもそこそこ重要だったりします。

過去にシュワルベ『G-ONE SPEED』がパンクした際に、シーラントだけではタイヤの内圧に耐えられなかった穴に対して、タイヤ内側からのパッチ修理で対応した経験があるのですが、タイヤ内側表面のゴム表皮が薄すぎて紙やすりで十分に荒せないという状況に陥りました。当時は『G-ONE SPEED』だけの仕様かと思っていましたが、上画像を見る限り軽量なグラベルタイヤではどれも作りに大差はないようですね。

一応『HUTCHINSON/ユッチンソン』からチューブレス用の修理パッチが発売されているそうですが、これを使えば上手く行くのでしょうか?次の機会に試してみたいです。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ06

推奨されるタイヤの空気圧は2.1~4.1barとMTB寄りな低めの値です、因みにサイドノブは指向性のある作りに見えないのにタイヤにはしっかりと取付け方向が指示されていました、素人目ではわからない微妙な違いがあるのかも知れません。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ07

一通り細部を確認し終えた後、早速ホイールに取付けてみました。普段ファットやセミファット、MTBなどの緩いタイヤに慣れてしまっているせいか、キツめのビードに若干苦戦しましたが、取り付け後は普通のフロアポンプであっけなくビードが上りました。キツめだとリムとビードが密着してくれるのでポンピング時に空気が漏れづらい模様。

タイヤをホイールに嵌める際はクリンチャーだとタイヤレバーをビードやリムに沿わせて使ったりしますが、チューブレスレディでそれをやるとビードやリムにダメージを与え、気密性を損ねてしまうことがあるそうです。プラスチック製のタイヤレバーでパチンパチンとピンポイントで着け外しするのがベストで、タイヤレバーをリムに沿わせて押し引きするような使い方はNGなので注意しましょう。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ09

予想通り、タイヤ幅とリム幅がほぼ同じツライチ状態でした。タイヤ幅の実寸は3.5barで39mm程、タイヤが細いので注入したシーラントは60mlといつもより控えめです。

シーラント・タイヤ込みのフル装備で、フロントホイールが1410g、リアホイールが1880gとなり、ロードバイクなんかと比べるとまだまだ鉄下駄ですが、ディスクローター込みでこの重量なら御の字ですね、エントリークラスでリムブレーキ仕様のクロスバイクよりも若干軽量なくらいでしょうか。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ08

太めのリムに装着しているせいもありますが、Bywayのトレッド面はかなり扁平しています。オマケ程度のサイドノブにも関わらず、緩い路面でもトラクションがしっかりと効いてくれるという評価は、この辺りが影響しているのかも知れませんね。

さて、結構大切なことを言い忘れていましたが、今回使用しているカーボンホイールはビードがパチンと嵌るフックが備わっていないフックレス仕様です。最近はロードバイク用でも見掛ける様になりましたが、フックレスリムには高圧にし過ぎるとタイヤが走行中に外れてしまう怖すぎる欠点があることから、専ら低圧主体のマウンテンバイク用として使われています。

実はこのフックレスリム、低圧過ぎたりタイヤが柔軟過ぎたりしても、俗に『ゲップ』と呼ばれる症状を起こしてビードが落ちてしまうことがあり、これらのトラブルを防ぐためには【1】高圧にし過ぎない【2】低圧にし過ぎない【3】ロード用などの柔軟なタイヤを使わない、といったギズモを飼育するかのような覚書があります。

今回のテストではフックレスリムに対して、MTB用タイヤよりも柔軟なグラベルタイヤを使っている訳ですから完全に推奨外ですね、ホイールから外した際に自立できなかったり、『∞』←こんな感じに簡単に捩れてしまうタイヤはフックレスリムに不向きです。本来はビードを含むタイヤ自体が硬いMTB用タイヤを低圧気味に使うことが前提のリムですから、グラベルタイヤをMTB用として安全に使いたいなら一般的なフック付きのリムで運用しましょう。また、仮にフックレスリムでもチューブ入りのクリンチャーとして利用するなら、柔らかいグラベルタイヤでもビードが外れづらくなります。

因みに、MTB用のフックレスリムにとって空気圧が4.0barでも相当な危険領域です。チューブ入りならフックレスリムでも6.0bar程度まで実用で使えるそうですが、リム内に少量のシーラントと空気しか存在しないチューブレスの場合、温度変化による空気の熱膨張や走行中の強い衝撃が引き金になって、ド派手な破裂音と共にタイヤが弾け飛ぶなんてこともあり、最大でも3.0bar程度に抑えておくのが身のためです。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ15

そのうち記事にする予定ですが、実は私も数回に渡る今回のテスト走行中に痛い思いをしました…うん、やっぱりフックレスリム&チューブレスで4.0barは無茶だったネ!

フルサス29erで実走!グラベルタイヤ『Byway』の感想

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ10

いよいよフルサス29erに700x40cのWTB製グラベルタイヤ『Byway TCS』を装備して試走してみます。

取付け前からそれなりの覚悟はしていましたが…やはりオールマウンテン・トレイル系のフルサスMTBに40cのタイヤは違和感バリバリですね。本来はセミファット仕様の29erなので、普通なら前後フェンダーの位置までタイヤ径がある筈なのですが、まさに『貧相』といった佇まい、今まで丁度いいバランスに感じていたサーファスのコンフォートサドルまでも頭でっかちに見える有様です。

フェンダーを外せは少しは違和感が減りそうですが、ミリタリーカラーの車体にタンウォールのタイヤが映える点は目論んだ通りでしたね、今後はタンウォール率が上がるかも知れません。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ11
フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ12

フロントもリアもご覧の通りクリアランスはガバガバですね、うろ覚えですがタイヤ幅は78mmまで行ける筈なので、ぶっちゃけこのタイヤを横に二本並べても対応できるキャパシティがあります。

試しに今まで使用したタイヤを大きい順に振り返ってみると…

手のひらの痛み対策にエルゴンとESIグリップの使用感を比較イメージ10
Bontrager XR2 Team Issue 29×3.0
街乗りカスタマイズ『フルサスマウンテンバイクをグラベルタイヤ&チューブレス化で高速化』イメージ08
SCHWALBE G-ONE SPEED 29×2.35
持ち運び可能な自転車用スタンド『Click-Stand/クリックスタンド』の感想イメージ17
Continental RaceKing 29×2.2
フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ10
WTB Byway TCS 700x40c(換算29×1.5)

途中でホイールがディープ気味のカーボン製に変わっていたりと、多少の違いはあるもののサイドシルエット画像で比較すると、やはり40cのBywayが飛びぬけて細いことがわかりますね、正面からの見た目だともっと極端な結果になったと思います。

タンカラーじゃなければリムハイトとタイヤサイドが一体化して見えて少しはマシになりそうですが、マウンテンバイクとしての見栄えを求めるなら、リムハイトを除くタイヤサイドの高さがフレームのボトムチューブと同じかそれ以上のボリュームがあることが必要なのかも知れません。

そう考えると私の『TREK Full Stache 8』の場合、最低ラインのタイヤ幅は約2.0インチ、グラベルタイヤなら700x50cくらいになるでしょうか。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ14

さて、気になる走行感ですが…『モノが違う』『劇的』という感想が一番しっくりきます。

シュワルベ G-ONE SPEEDを試した時も似たような感想を零し、『まんまエントリークラスのクロスバイクだ!』といった覚えがあるのですが、その感想はこのタイヤにこそ相応しいです、上には上がありました。

重量差はたった76gなのに、G-ONE SPEEDでは越えられなかった壁をあっさり越えてしまった感じで、特に走り出しやハンドリングの軽さが印象的でした。目隠しをして乗せたら、誰もマウンテンバイクだとは思わないかも知れません。

フルサスMTBに40cのグラベルタイヤ『WTB Byway TCS』を試すイメージ13

はじめてのWTB製タイヤでしたが、これは当たりですね。本当に40c?と思うくらい乗り心地が柔らかく、流石はサスなしのグラベルロードで好まれているだけのことはあります。

交換前は29×2.2の『Continental RaceKing』を3.0barくらいで運用していましたが、40c(1.5インチ相当)で同じく3.0bar運用のこちらの方が明らかに乗り心地が良く、細目のタイヤをチューブレス化した際に感じる恩恵を初めて実感できた気がしました。

見た目の残念さに目を瞑れるなら、お釣りが出るほど快適で良く転がるタイヤですが、やはりタイヤとリムがツライチなのは気を遣いますね。走行中に進行方向と同方向の縦溝や段差なんかで、ガリガリとカーボンリムを擦って破損させてしまうのでは?といった不安が少なからず頭を過ります。

路面状況を気にせず走れるマウンテンバイクの利点を残すなら、同じBywayでも700x44cの方が向いていたのかも知れませんね、40cに拘る必要はなかったかも。

まとめ

走りや外観にどれくらい変化があるのか?という興味本位でフルサスMTBに700x40cのグラベルタイヤを試してみましたが。残念ながらロングライドや街乗りのシーズンが終わってしまうため、さほど間を置かずMTB用タイヤに再交換することにになりそうです。

あまりに走りが軽快だったため後ろ髪引かれる思いがありますが、前述したように見た目とのバランスを考えるなら、やはり700x50c程度のグラベルタイヤがマウンテンバイク向けに流用できる下限になるでしょうか。

悲しいかな、この50c前後というサイズは650Bには比較的多いものの、700cでは選択肢が少ないのがネックです。SCHWALBE G-ONE SPEED 、Panaracer GRAVELKING SK、Maxxis Ramblerには辛うじて50cがラインナップされているので、MTBにグラベルタイヤを試すならこの辺りがオススメになります。でも、プラスサイズタイヤ未対応の一昔前のMTBにならWTB製グラベルタイヤの40cオーバーあたりも良いですね、WTBは今回のテストで新たにお気に入りのメーカーになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました