大苦戦…失敗しないファットバイク用キックスタンドの選び方

キックスタンド

まだまだ数は少ないですが、私の住んでいる地域でもチラホラと

ファットバイクを見かける様になりました。

意外なことに未舗装路よりも街中で見掛ける事の方が多く

ファットバイクは街乗りに向いているぞ!!という話も

あながち間違いではない気がします。

さて、ファットバイクを街乗りで使う場合に

あると大変便利なのが、センタースタンドキックスタンドです

私は街乗りメインではありませんが、野鳥の撮影も趣味にしている為

田舎道やちょっとしたトレイルでも、直ぐに停車して撮影に移れるように

ファットバイクの購入と同時にキックスタンドの装備を考えていました。

実はこのファットバイクへのキックスタンド導入に思いのほか苦戦し

結局のところ4回もスタンドを買い直す羽目になったのですが

今回はこの失敗の備忘録も兼ねて、ファットバイク用キックスタンドの選び方について

簡単にまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

【1】FF-R CD-96X 取付可変式アルミアジャスタブルスタンド

FF-R CD-96X アジャスタブルスタンド

 

私が一番最初に購入したキックスタンドはFF-R CD-96Xと言う製品でした

納車とほぼ同時期に注文しましたが、あえてこの製品を選んだのは

ネット上でファットバイク用のスタンドを検索した際

一番最初に目に留まったからという単純な理由で

模様やロゴから、製品を特定しやすかったからです。

確かにファットバイクにも対応するキックスタンドでしたが

残念な事にディスクブレーキ車とは相性が悪く

クランプの短い2点止めのスタンドでは

チェーンステーとシートステーを跨ぐことが出来ませんでした

トップ画像の様にチェーンステーとシートステーの接合部分が

鋭角に『く』の字状になっているタイプには装着できますが

ディスクブレーキ車の大半はこの部分が『コ』の字状に近い形状をしているため

取り付けが難しくなります。

【2】cycledesign アジャスタブルキックスタンド

cycledesign ロングクランプ アジャスタブルキックスタンド

 

クランプの短さが仇となった苦い経験から

今度は失敗すまいと、必死で調べて見付けたのが

cycledesign(サイクルデザイン)のアジャスタブルキックスタンドです。

ファットバイクを取扱っている某サイクルショップのブログに

チラッと紹介されていて、こちらもメーカーや製品名の記載がなかった為

画像を頼りに探し当てた覚えがあります。

 

cycledesign ロングクランプ アジャスタブルキックスタンド 取り付け図

 

このキックスタンドの特徴は上画像を見てわかるように

2点止めの超ロングクランプです

ディスクブレーキ車はもちろん、大半の自転車には装着可能な

汎用性の高さがウリですね。

私のファットバイク『アーガスエキスパート』にも難なく装着でき

スタンド沼にハマる事は避けられたと胸を撫で下ろしたのですが

全く予想していなかった落とし穴がありました。

ようやくスタンドの取り付けが完了し、最後にタイヤやペダルが

キックスタンドが干渉していなかをチェックするためにペダルを回してみると

シャリーン…シャリーン…シャリーン…

何故か私が最も嫌いなディスクブレーキの引きずり音がします。

取り付け前は何の問題もなかった為、念のためスタンドを外して

タイヤを空転させてみると、いつも通りの無音です

どうやら2点止めが災いし、スタンドを固定するときのナットの締め付けで

フレームが僅かに歪み、ディスクブレーキのローターとパッドが干渉してしまう様です。

ご存知の通り、油圧式ディスクブレーキのクリアランスは1mm以下と大変狭く

ちょっとした異変でも干渉をおこします

試しにスタンドを固定するナットの締め付けを実用範囲ギリギリまで

ゆるめてみましたが引きずりは改善しませんでした。

スタンドを取り付けた後に、あらためてディスクブレーキキャリパーの

センタリング(平行出し)をすれば、引きずり音は改善できますが

スタンドの有無や締め付けトルクに依存したイレギュラーな調整は

あまり気持ちの良いものではありません。

こうして、二本目のスタンドも失敗に終ったわけですが

どうやらこの現象は全てのファットバイクで起こる訳ではなく

チェーンステーとシートステーの形状に依存し

どちらか一方が湾曲していたり、両者が大きく異なってるフレームで起こるようです。

とはいえ、大半のファットバイクではこのcycledesign(サイクルデザイン)製の

アジャスタブルキックスタンドが問題なく装着できるので

チェーンステーとシートステーがシンプルな作りになっている

ファットバイクには最有力の選択肢と言えます。

因みに2点止めの取り付け部分は一切保護されていないので

別途ゴム状の材質を間に挟まないと、フレームに確実に傷が付いてしまうので

注意した方が良いでしょう。

【3】YUENI YCA-1528 ファットバイクセンタースタンド

YUENI YCA-1528 ファットバイクセンタースタンド

 

三度目の正直を期待して、次に私が試したのは

ファットバイク用としては唯一かもしれない

YUENI YCA-1528という一風変ったセンタースタンドです

スタンドの足の部分が大きく横に飛び出し

ファットバイクの特徴とも言える極太のタイヤと

干渉しない様な作りになっています。

センタースタンドについても事前に調べていましたが

これは確かに装着できるフレームを選ぶ形状をしています

しかもセンタースタンドの大半はDIYでゴム板などを挟まないと

確実にフレームに傷が付いてしまいます。

結果としてアーガスエキスパートにはギリギリ取り付けが可能でしたが

しっかりと固定させるためにはフレームに傷が付く覚悟が必要でしたし

ボルトでの1点止めという仕様から、ギリギリ装着のアーガスエキスパートでは

固定が緩み易くなる恐れがあった為、残念ながら見送る事にしました。

このセンタースタンドもファットバイクのフレーム形状に依存しますが

BBから枝分かれした左右チェーンステーの股部分にある穴が

横幅の内寸で30~40mmくらい、縦幅の外寸で30mmくらいなら

しっかり固定できると思います

キックスタンドよりも見た目がスッキリしているので

条件が合い、傷対策がしっかりと出来れば、かなり良い選択肢と言えるでしょうか。

【4】GIZA PRODUCTS CL-KA70 アジャスタブル サイドスタンド

GIZA PRODUCTS CL-KA70 アジャスタブル サイドスタンド

 

さて、ようやく本命の登場ですが

私が諦め半分で購入したのが、このGIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) のCL-KA70です。

実はこのスタンドを購入する前に、ファットバイクに対応した

自宅用のディスプレイスタンドを購入していて

長時間の停車でも安定する2点止めのスタンドに拘る必要が無くなっていました

私の用途なら、1~2時間安定して停車していられるだけの強度があれば十分なのです。

ファットバイク対応のメンテ&ディスプレイスタンドの選び方
ファットバイクにも使える安価なメンテナンススタンドやおすすめのファットバイク専用ディスプレイスタンドを紹介しています。

このCL-KA70は1点止めのキックスタンドで軽量かつシンプルな作りです

1点止めのキックスタンドは保持力が弱く、断面が円形のチェーンステーでは

長時間の駐輪でスタンドが回転してしまう欠点があるのですが

ここまでマイナス要素しか産み出さなかったアーガスエキスパートの

フレームがようやく役に立ってくれました。

幸いにもチェーンステーの断面が楕円形で、無造作に取り付けても

勝手にスタンドが回転することなく、しっかりと固定されます

高さ22~28mmの楕円・角形断面のチェーンステーに対応と記載があり

純正品かと思う程、ジャストフィットでした

しかも取り付け部分がむき出しのアルミではなく

樹脂製のスペーサーになっているので傷が付きづらくなっています。

今までの失敗が馬鹿馬鹿しく思えるくらい相性が良く

おまけに都合4本購入したスタンドの中で一番低価格です…

1点止めで強度に不安はありますが、体重を掛けたりなど

想定外の使い方をしない限り、特に問題は感じません

チェーンステーの断面が楕円または角型のファットバイクになら

お手軽に使える中々の良品と言えます。

【5】CANNONDALE エイリーン2 リアマウントキックスタンド

CANNONDALE/キャノンデール エイリーン2 リアマウントキックスタンド

 

最近、某所でファットバイクに取り付けられているのを見掛け

少し気になったのがこちらのキックスタンドです。

調べてみると、CANNONDALE /キャノンデール純正のキックスタンドらしく

キックスタンド単体でも市販されている様です。

メーカー純正品だけに、キャノンデール製のファットバイク

“CANNONDALE FAT CAAD”シリーズとの相性が良く

私が見掛けたファットバイクもこちらでした。

安定感のある、2点止めのキックスタンドで23mm厚までのステーに対応し

前述したcycledesign製ほどではありませんが

こちらも上部のクランプがスライドして伸びる仕組みになっていて

シートステーとチェーンステー間に幅のあるディスクブレーキ車にも対応できます。

当然、フレーム形状によっては取付け出来ない場合もありますが

キャノンデール製や類似のファットバイクには、こちらを選んで間違いないと思います。

まとめ

ファットバイク用キックスタンド

 

4度の失敗の末、ようやく1点止めのキックスタンドに辿り着き

現在も愛車のアーガスエキスパートに使い続けています。

チェーンステーの形状が対応するなら1点止めのCL-KA70で過不足はありませんが

上画像のようにチェーンステーとシートステーの形状が極端に異なる

ケースは稀だと思いますし、例えディスクブレーキの引きずり音が出たとしても

ブレーキキャリパーのセンタリング調整で改善できます

キックスタンド選びに迷ったら、ロングクランプで汎用性のある

cycledesign製キックスタンドを選んだ方が良いでしょう。

ファットバイクの油圧式ディスクブレーキを機械式に交換した理由
ファットバイクのディスクブレーキを油圧式から機械式(メカニカル)に交換。制動力的にはダウングレードと言えますが、想像していたよりも油圧式はメンテナンスに手間が掛り、パッドとローター間のクリアランス調整に自由度がなかった点が交換した理由です。

現在は愛車のディスクブレーキをクリアランス幅の狭い油圧式から

調節可能な機械式に交換しているので

ブレーキキャリパーのセンタリング調整なしでも

cycledesign製キックスタンドが使えるかも知れませんね。

余談ですが、カーボンフレームのファットバイクにキックスタンドの使用は厳禁です

カーボンファットを選ぶような方は、流石にスタンドなんて使わないと思いますが

どうしても必要だと言う場合はトピークのフラッシュスタンドシリーズがおすすめです。

クランクの先端に取り付けるタイプとボトムチューブに取り付けるタイプの二種類があり

少し重めですが、どちらも折りたたんで携帯できる簡易スタンドなので

車体に固定する事なく、必要な時だけ使用できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ