やだ…シマノなのにステキ!新セイント&XTペダルが超オススメだった

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ01

少し前に29er+のトレック フルスタッシュ8を増車したのですが、このマウンテンバイクはペダルが最初から付属していない、完成車にありがちな仕様でした。

状態が良いとはいえ購入したのは現状渡しの中古車なので、消耗品部分の交換やメンテナンスを優先することになり、ペダルはおのずと後回しになっていたのですが、29er+のチェック&調整作業が一段落したのを機に、ようやくペダル選びで頭を悩ませることが出来ます。

実のところ、前回の記事でフルスタッシュ8をお披露目した際には、既に新ペダルを装備していたのですが、ペダル選定には少しだけ紆余曲折がありました。

今回は、各所でデザインがダサい…ダサい…と何かと囁かれるシマノが放った会心の逸品、新セイント&XTグレードのフラットペダルについて話題にしてみます。

スポンサーリンク

軽量?回転?コスパ?あえて『カッコ良さ』でペダルを選ぶ

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ02

今回のペダル選びで私が何より気にしたのが『重さ』です、何しろ29er+のフルスタッシュ8はペダル無しの状態で既に車重が15.4kgもあり、いくらセミファットバイクでもこれ以上の肥満化は流石に避けたいです。

とはいえ、踏面が広いマウンテンバイク用のフラットペダルで軽量となると、お値段は相当なモノで気軽に手が出せる代物ではありません…そこで最初に候補にしたのが上画像の『CRANK BROTHERS stamp1』でした。

非金属製のコンポジット素材ながら、踏面サイズは全長100mm×全幅100mm、Sサイズのペア重量は299gと軽量、手頃な価格の割にスピンドル部分は上位モデルと同じというオマケ付きです。

今回は安い・軽い・強いの三拍子揃ったstamp1で決まりかな…と更に詳しく調べてみると 、踏面のスパイクピンがほぼ調節不可…しかも鋭利で靴底に攻撃性アリという事実が浮かび上がります。

カジュアルスニーカーやレザーソールの靴を使わなければ万事解決では?と思うのですが、ペダルを踏み外して鋭利なピンが 脛(すね)にグサリ…なんて話もよく耳にするので、チキンな私の購入意欲は徐々に萎み始めました。

噂通りの滑らか回転!?ミニベロのペダルを『MKS ALLWAYS』に交換
滑らかな回転で評判のベダル、MKS/三ヶ島製作所『ALLWAYS』の感想をまとめています。クロスバイクやマウンテンバイク用にオススメなのは勿論、グラベル系のロードバイクやミニベロにも使える汎用性の高いペダルです。

買い気を削がれ、ペダル探しにも飽きてきた私は『ミニベロと同じMKS ALLWAYSにしてはどうだろう?』といった安易で面白味の無い方向に傾きますが、たまたま見付けたとあるペダルに目が釘付けになりました。

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ03

意外なことに、私の目を奪ったのは上画像のシマノ製のフラットペダルです。

巷では何かと癖のある見た目で今一つ評判の芳しくないシマノデザインですが、この一連のフラットペダルはどれも会心の仕上がりで、素直にカッコイイ!と男心を擽ります。

画像上段がダウンヒル用の『SHIMANO SAINT PD-M828』で2019年に旧モデルからデザインが一新された新セイントペダルです、画像下段右がXTグレードの『SHIMANO XT PD-M8040』、画像下段左が『SHIMANO XT PD-M8140』で、この二つも2019年にリリースされました。

新セイントペダルことPD-M828は踏面サイズが全長109mm×全幅105mmのワンサイズのみ、XTグレードのPD-M8040とPD-M8140は全長105×全幅100mmのSMサイズと全長115mm×全幅110のMLサイズの二種類が準備されています。

どのペダルもパッケージに交換可能なロングピンが付属し、靴底への攻撃性が気になる場合はデフォルトの3mmショートピンのまま使い続ける事も出来ます、因みにPD-M8040とPD-M8140は仕様や見た目が良く似ていますがPD-M8140の方が僅かに軽量です、デザインはマット仕上げなPD-M8040の方が個人的に好みでしょうか。

さて、ミリタリーカラーのフルスタッシュ8には、この無骨でゴツいペダルがベストマッチだと購入を決意しますが、悲しいかなどれも重量は500g弱もあります…まあ、この時点でそんな事はどうでもよくなっていましたけどね。

見た目が一番好みなのは新セイントペダルのPD-M828ですが、三つのペダルで最も軽量なのがPD-M8040のSMサイズで、3mmショートピン使用時でペア436gの実重量です、価格も新セイントほど高価では無いので、バランスの良いPD-M8040のSMサイズを注文したのですが、考える事は皆同じらしく何処もSMサイズだけが欠品の嵐でした。

結局、最初に目を奪われた新セイントペダルこと『SHIMANO SAINT PD-M828』を素直に購入しましたが、オフ車においてペダルは頻繁に物理ダメージを受ける消耗品扱いなだけに、高価なペダルは精神的なダメージも大きそうです…デザインが無骨なので傷や劣化がウエザリングチックな味わいに変化するのがせめてもの慰めでしょうか。

最高の質感!新セイントペダル『SHIMANO SAINT PD-M828』の感想

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ04

新セイントペダル『PD-828』を早速購入してみました、私的にペダルに一万円以上支払うのは初めての経験ですが、ガリっと傷が付くたびに右往左往しない器の大きさも何処かで購入したい気分です。

ペダルサイズより二回りほど大きな化粧箱に収まっていましたが、セイントのロゴマークはどことなく昭和の香りが漂うデザインですね…ペ〇サス流星拳のアレっぽい?

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ05

開封すると、外観から予想出来る通り、二段構えでピッタリ目に収まっていました、肉抜き穴のエッジ加工が鈍く輝き、自転車のパーツとは思えない風体です。

ピンはショートピンがデフォルトで片面に12箇所、指で撫でても怪我をする様な鋭利さはありません。

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ06

同梱物は左右のペダル、小袋には交換用のロングピンとマニュアルが封入されていました、この時点でもペダルの質感が素晴らしく、使わずにオブジェとして飾っておきたいレベルです。

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ07

ペアの実測値は494gでした、化粧箱の側面には493gと表示がありますから公称値通りですね、因みにシマノ公式HPでは533gと記載があり、これはロングピンを使用した際の重量の様です。

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ08

取付けは8mmの六角レンチを使用します、画像ではわかりづらいですが側面の小さなテキストにL・Rの区別と六角レンチの回転方向が矢印付きで指示してありました。

ペダルの厚みは約17mmでショートピン込みで22mm程です、踏面サイズは公称値通りの全長109mm×全幅105mmでシャフトを含んだ横幅は約128mmです。

まとめ

おすすめフラットペダル『SHIMANO 新セイント&XT』イメージ09

取付け後に20kmほど走ってみましたが、踏面が大きなペダルは本当に良いですね、荷重が腕・足・尻にバランスよく分散する手助けになり、ペダリングの快適さと共に尻痛が和らいでくれます。

ペダルの回転はもちろんスムーズですが、スムーズ過ぎて足を下ろすとペダルが倒立してしまうMKS ALLWAYSとは違い、踏面を任意の角度で固定できる程々の滑らかさに仕上がっています。

ショートピン且つ踏面がフラットで広い為か、最初の内は足裏にアタリを感じづらくブラインドでは足の置き場所に迷いますが、慣れてくると地面に足を着いている様な安定感があり、足も定位置に収まるようになりました。

大きく堅牢な踏面、スムーズな回転、滑らず攻撃性の低いスパイクピン、私好みの秀逸なデザインと、個人的に非の打ちどころがないペダルです、唯一の欠点はやはり500g弱の重さな訳ですが、他の部分で帳尻を合わせてでも使い続けたくなりますね。

最近はSRAMやBoschに押されっぱなしのシマノですが、今回ばかりは諸手を挙げて褒めちぎりたくなりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました