セール情報:2022/12/1 更新

Wiggle

●最大60%オフ『Black Friday』終了間近!
●クーポンコード:【EXTRA10】で10%追加割引NEW

【12/2 8:59迄】※¥9500以上で送料無料

⇒【Wiggle】

Chain Reaction Cycles

●最大60%オフ『Black Friday』終了間近!
●クーポンコード:【EXTRA10】で10%追加割引NEW
【12/1 19:00迄】 ※¥9500以上で送料無料

⇒【ChainReactionCycles】

PROBIKEKIT/プロバイクキット●アウトレット商品が最大70%オフ、秋冬ウェア30%オフ!
※¥13600以上で送料無料

⇒【ProBikeKit】

ワイズロードオンライン

●数量限定『サイクルウェア福袋』予約受付中!
パールイズミ・カペルミュール等、12/23以降お届け予定
【12/18迄】

⇒【ワイズロードオンライン】

パンクしたら何本必要?『CO2ボンベ』とファットバイクの話

パンクしたら何本必要?『CO2ボンベ』とファットバイクの話イメージ01

長年の疑問が解消したので、今回は小ネタを一つ。

MTBやファットバイクなどのオフ車乗りだと、大抵はタイヤの空気圧調整用にハンドポンプを携帯していますよね。

当然、パンク修理時にも使用しますし、余程の急ぎでもない限りインフレーターやCO2ボンベのお世話になることは少ないかも知れません。

ですが、仮に大容量のハンドポンプを携帯していたとしても、タイヤ幅が3.0インチもあるプラスサイズや、それを更に上回るファットバイク用ともなると、延々と続くポンピングが億劫になるのも事実。

空気圧の調整とは異なり、ほぼ一から空気を入れなければならず、流石にこの時ばかりはインフレーター&CO2ボンベを使い、サクッと済ませたくなります。

さて、そこで素朴な疑問です。

オンロード用タイヤの数倍はあるであろうファットタイヤには、一体何本のCO2ボンベが必要になるのでしょうか?

※CO2ボンベの「ボンべ」は、ドイツ語から派生した日本でしか使われていない和製英語的な言葉だそうなので、英語呼びに倣って、これ以降「カートリッジ」と記述しています。

スポンサーリンク

ファットバイク用タイヤはCO2カートリッジ何本で走れるようになるのか?

パンクしたら何本必要?『CO2ボンベ』とファットバイクの話イメージ02

現在、自転車用として市販されいるCO2ボンベやCO2カートリッジと呼ばれる物には、16g/20g/25gといった三種類の容量が準備されています。

オン車なら16g、オフ車なら20~25gあたりを使うことになり、16gのCO2カートリッジにはおよそ8L分の二酸化炭素が封入されているとのこと。

最近は太目の28cが主流なので、ロードバイク用チューブの体積を1Lとし、それに8.0BARで注入した場合に必要となる容量は8倍の8Lとなります。

かなり大雑把に計算していますが、16gのカートリッジで丁度チューブ一本分をしっかり充填できる計算ですね。

さて、これがファットバイクだと、26インチホイールに4インチタイヤを使用した場合で、チューブの体積は16~20Lくらいです。

ファットバイクの空気圧は高めでも1.0BARくらいなので、ほぼチューブの体積と同じ注入量が求められます。

普通に考えると、極太タイヤのファットバイクでも16gカートリッジ2本で十分に走行可能になる計算ですが、実はトラブル後に自走で帰宅するだけなら16gカートリッジが1本でも十分なのですよ。

実際に海外の方が検証されていましたが、ファットバイクは0.3~0.5BARの極低圧でも十分に走れてしまうため、無理をしなければ16gのCO2カートリッジ1本だけで十分とのこと。

パンクしたら何本必要?『CO2ボンベ』とファットバイクの話イメージ03

一応、PDW/ポートランドデザインワークスからは38gのファットバイク用CO2カートリッジもリリースされていますが、入手しやすい上に容量に多少の余裕を持たせた25gカートリッジを1本または、16gカートリッジを2本を携帯するのが現実的でしょうか。

因みに、CO2カートリッジ使用後に追いポンプもアリですね、トピークの「MOUNTAIN TT G」ならワンストロークで100ml弱注入できますし、ゲージ付きなのでファットバイク用の携帯ハンドポンプとして、おあつらえ向きです。

まとめ

極太タイヤで知られるファットバイクのイメージとは裏腹に、自走で帰宅するだけなら16gのCO2カートリッジ1本だけで十分という結論でした。

この場合はタイヤの空気圧が0.5BAR以下となり、雪道を走る際のセッティングとほぼ同じになります。

私の経験上、この数値でも十分に走れるのは分かっていますが、砂浜や雪道に特化した空気圧だけに、バンプのあるトレイルや舗装路上では、リム打ちパンクしないかと冷や冷やモノ。

チューブレス化したファットバイクなら何の心配もありませんが、チューブドで運用しているなら25gカートリッジ1本か、16gカートリッジ2本でのリカバリーがおすすめでしょうか。

残る問題は、零度以下の低温下でガス圧がしっかり発揮されるか否かですが、これに関する情報は今のところ見付かっていません。

管理人からのお知らせ

・当ブログは無許可での転載や引用、外部サイトでのリンク、URLやその一部の掲載、これらの行為を禁じております。ご希望の際は必ず事前に『お問い合わせ』にてご連格下さい。

・当ブログはAmazonアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました