スポンサーリンク

暑すぎてライドが苦痛…自転車で試したくなる冷却アイテムの話

暑すぎてライドが苦痛…自転車で試したくなる冷涼アイテムの話イメージ01

暑い、熱い、あつい、アツい…北国住まい&ファットバイク持ちの私にとって、夏は一年で最もモチベーションが下がる季節かも知れません。

今年も例によってガクッと出走率が落ち、世界的なパーツ不足も手伝って、ブログの更新もままならない始末です。

真夏にライドを楽しむなら、早朝から正午前または夕方から夜半までが定番となり、虫が少なく爽やかな空気が漂う早朝が特におすすめですね。

さて、私はといえば…何故かクソ暑い真昼間に走ることが多いです。

なぜそんな無茶する?と思うかも知れませんが、田舎住まいだけに早朝と夕方というが最も出没しやすい時間帯は避けたいですし、夜は虫の大群でライドどころではありません。

LEDヘッドライトに照らされた田舎道の暗闇には、深海探査船のサーチライトを横切るマリンスノーの如く虫が騒めき、高速で走ろうものなら謎の甲虫がベチベチと体を叩きます。

もちろんアイウェアは必須で、眼鏡がフレームごと弾き飛ばされそうになることもあり、なかなか油断なりません。

暑すぎてライドが苦痛…自転車で試したくなる冷涼アイテムの話イメージ02

さて、真昼間のライドでは出来るだけ直射日光を浴びないように心掛けていますが、延々と木陰の続く並木道なんてルートはそうそうなく、神社の境内や公園の木陰で涼をとるのが精一杯です。

この時期は出走の度にもっと涼しく走れる方法はないのか?と悩みがちで、ここ数年でやたらと見掛けるようになった『首掛け式扇風機』や『空調服』を自転車で試してみたい…という気持ちに駆られます。

ぶっちゃけ、首掛け式扇風機は走行中に絶えず扇風機『弱』レベルの風を浴びている自転車では、停車中くらいしか恩恵がありませんし、空調服は外観にボリュームがあり過ぎて自転車にはやや不向きです。

試す前から何となく結果は予想出来ているのですが、空調服に限っていえば袖なしのノースリーブタイプならギリギリ許容範囲かも知れませんね、真夏にダウンベストを着ていると勘違いされそうですケド。

自転車も涼しくなる?『腰掛け扇風機/ベルトファン』の率直な感想
夏の暑さに耐えかねて、普通の衣類を簡易空調服化できるらしい腰掛扇風機ことベルトファン『iFan BodyBlow/アイファン ボディブロー』を購入。正直、効果は眉唾ものですが、予想外の結果になりました。

あれもダメ、これもダメ、と購入前から却下が続きますが、ここ数年でプチヒットしている『ネッククーラー』にはちょっとだけ期待しています。

暑すぎてライドが苦痛…自転車で試したくなる冷涼アイテムの話イメージ03

結構話題になったのでご存知の方も多いと思いますが、このヘッドフォンみたいなのがサンコーの『ネッククーラー』です。

外観は首掛け式の扇風機と同じに見えますが仕組みが全く異なり、電流を流すと片方の面が温度低下するペルチェ素子を利用することで、首の血管に冷感をもたらします。

2020年のモデルが『ネッククーラーNEO』、2021年のリニューアルモデルが『ネッククーラーEVO』と名前が似ていて紛らわしいのですが、最新のEVOは本体に直接バッテリーを取付けられるようになり、モバイルバッテリー無しでも使えるようになりました。

自転車乗りは大抵スマホ用にモバイルバッテリーを備えているので、首の後がもっこり増量される直付けバッテリーに賛否がありそうですが、モデルチェンジにより全体的な使い勝手は向上しているみたいですね。

レビューによると、接触部分は確かに冷たいのですが、ペルチェ素子の放熱面の処理が難アリで、少し癖のある製品な模様。

新型のEVOは放熱を抑えるために旧モデルのNEOよりも冷えないという報告もあり、これが事実ならモバイルバッテリー派は旧モデル一択になるでしょうか。

私は昨シーズンに購入する気満々でしたが、人気過ぎてどこも売り切れ&転売価格のオンパレードで、早々に諦めました。

自転車で使う場合はヘルメット+ネッククーラーで頭部がうるさくなったり、振動で脱落してしまうリスクがあるので、試すなら人柱的な覚悟が必要でしょうか。

現在、私がネッククーラー以上に気になっているのがソニーの『REON POCKET/レオンポケット2』です。

冷却の仕組みはネッククーラーと同じですが、レオンポケット2は皮膚への接触部分が首の後ろになっていて、温・冷の切り替え機能も備えています。

暑すぎてライドが苦痛…自転車で試したくなる冷涼アイテムの話イメージ04

レオンポケット2は体表面温度を重視した設計思想になっていて、背中に冷えた缶飲料をピタッとくっつけた感覚を継続的に再現した製品といえるでしょうか?

旧モデルは専用のインナーが必要でしたが、リニューアル後のレオンポケット2は冷却能力の強化とともに、別売りの専用ネックバンドによって、装着の自由度が高くなっています。

使っていても目立たないので、自転車用にならレオンポケットの方がイイかも…と思えますが、こちらも走行中の脱落が気になりますね。

サイクルジャージと併用したり脱落防止を考えるなら、本来の使い方である専用インナーと組み合わせるのがベストかも知れません。

レビューを見る限り、一時間で自動停止する仕組みが足を引っ張っている印象ですが、スマホで操作できるのがせめても救いですね、今後のソフトウェアアップデートに期待しましょう。

因みに、レオンポケット2はバッテリー内臓&モバイルバッテリー対応です。

あまりの暑さに、ネッククーラーかレオンポケットのどちらかに手を出してしまいそうな勢いですが、スピードに頓着しないオフ車乗りとしてはノースリーブの空調服も魅力的に映りますね。

お盆あたりになると秋の気配が強まり、この手の物欲は一気に萎んでしまいますが、今年はそれまで暑さに耐えられるのでしょうか…

どの製品も『自転車にオススメだよ!』なんて手放しで推奨しませんが、好奇心の強い方は是非お試しあれ。

スポンサーリンク
ヨロズ日記
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました