スポンサーリンク

ミニベロ・折り畳み自転車には縦型サドルバッグがおすすめ!!

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』02

複数台の自転車を所有している方にとって、サドルバッグの使いまわしは珍しくない行為です。

私もファットバイクとミニベロでサドルバッグを使いまわしていましたが、ファットバイクはとにかく予備チューブや携帯ポンプが嵩張るので、早々にサドルバッグから大容量のフレームバッグに切り替えました。

さて、そうなると余ったサドルバッグはそのままミニベロ専用となる訳ですが、元々ファットバイクに合わせて購入した為か、どうも見た目がイマイチなのです…

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)のマイクロシェルとTOPEAK(トピーク)のダイナパックの二種類を用途別に使い分けていますが、見栄えは使用頻度の少ないダイナパックの方が遥かに良いですね。

やらないよりはマシ?トピーク『ダイナパック』の盗難対策
トピーク『 DynaPack(ダイナパック)』の簡易盗難対策として、タイラップ・南京錠・サドルキーパーで出来る簡単な方法を幾つか紹介しています。

何故、見た目がイマイチなのか私なりに考察してみると、どうやらミニベロや折り畳み自転車の特徴である、シートポストの長さに原因があるのでは?という結論に至ります。

スポンサーリンク

ミニベロ・折り畳み自転車に似合うサドルバックとは?

KHS フォールディングバイク F-20R 2016年モデル

上の画像は今年の春に私がF-20Rに初乗りした時のものですが、サドルバッグはもちろんサドルも間に合わせで取付けたせいか、今見直してみると全体的にチグハグな印象が否めません。

ミニベロや折り畳み自転車のシートポスト長は標準で40~55cmくらいあり、タイヤ径の小ささも手伝って、サドルからリアタイヤまでの空間に結構なスペースが出来ます。

搭乗者が高身長の場合なら、このスペースは益々大きくなり、使用するサドルバッグの形状やサイズによっては何とも言えない、妙な違和感が生まれる気がします。

サドル下のスペースが広いミニベロや折り畳み自転車にはどういったサドルバッグが似合うのか?

あれこれ悩んでネットの海を彷徨ったことろ、奇しくも私と同じF-20Rにジャストフィットしているサドルバッグを見つけます。

画像のみで詳細が分からなかったものの、必死で探した結果。そのサドルバッグがSERFASのスーパーライトバッグという製品であることがわかり、種類は縦型サドルバッグと呼ばれる物でした。

見た目がバランスよく感じたのはこの縦長要素が影響しているらしく、サドル下の空きスペースが上手い具合に活用されています。

これはイイね!!と早速購入を考えたのですが、どうやら少し古い製品らしく、国内では既に取扱いが無い上に価格もこの手のサドルバッグではやけに高額です。

流石に購入を躊躇し、今度は縦型サドルバッグに絞って探してみると、TOPEAK(トピーク)製のMondoPack(モンドパック)という製品が私の求めるサドルバッグに一番近いことがわかり、早速購入してみることにしました。

縦型サドルバッグ『TOPEAK(トピーク)MondoPack(モンドパック)』の感想

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』01

縦型サドルバッグのMondoPack(モンドパック)には、サイズや取付け方法により4種類のモデルが存在しています。

昔ながらのストラップマウントが1種、残りは全てサドルレールにアタッチメントを取り付けてワンタッチ化した、クイッククリックと呼ばれる仕様になっています。

上画像のモンドパックは一番サイズの小さな1.2Lタイプで、他にも容量1.7Lでボトル用ポケットの付いた『MondoPack Hydro』や容量2.0Lでファスナー調整でスペースを拡張できる『MondoPack XL』があり、1.2Lタイプのみシートポスト固定用のストラップが一箇所だけの仕様です。

大容量タイプのMondoPack XLに心惹かれましたが、既に同社のダイナパックを所有しているので、今回は一番コンパクトでミドルサイズ相当の1.2Lタイプに決めます。

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』03

製品自体はシンプルなパッケージで届き、その見た目から何故か石舞台古墳を思い起してしまいました…

サドルレールに取り付けるクイッククリックのアタッチメントが見当たりませんが、サドルバッグに装着された状態になっています。

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』04

モンドパックは正面からではなく、両サイドにある開閉口から携帯品を出し入れする作りになっていて、後方から見て右サイドに位置するファスナーはポケット状になっています。

こちら側はちょっとした小物や使用頻度の高いツールを入れるために使い、内部に直接アクセスできない仕様になっています。

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』05

後方から見て左サイドのファスナーが内部へアクセスする直接の出し入れ口で、蓋側にメッシュポケットが設けられています。

形状的にモンドパック上部にあたる先端部分がデッドスペースになりやすく、容量を最大限に活かすには収納に少しだけ工夫が必要になるでしょうか。

感覚的にいえばドリンクの350ml缶くらいの大きさが、無造作に出し入れできる最大実用サイズといった印象です。

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』06

試しに、手元にあった500mlペットボトルを突っ込んでみましたが、デッドスペースを活用して先端部分から入れたとしても、収納が難しいサイズ感です。

大容量を求めるなら他のモデルを選べば良いのでしょうが、形状に大差がないだけに1.2LモデルにもMondoPack XLの様なファスナーによる拡張機能が欲しかったところです。

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』08

実際に携帯品を詰め込んで試走してみましたが、今までサドルバッグとツールケースに分けていた携帯品がモンドパックにまとめて収納できる様になりました。

少し前に軽量化と乗り心地改善の一環として、シートポストを20mmオフセットタイプに交換したのですが、オフセットの微妙なカーブとサドルバッグのフォルムが絶妙にマッチして、サイドシルエットがかなり映えます。

シートポスト交換でミニベロをお手軽に軽量化してみた
折畳み出来るミニベロ『F-20R』の軽量化として、400mm長のシートポストを『シマノPRO LTシートポスト』に交換。車体の小さいミニベロには20mmオフセットタイプがオススメで低価格な割に265gと比較的軽量なシートポストです。
TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』07

冒頭の初乗り時の画像とは、サドルバッグ以外にもサドル・シートポストの種類やサドルキーパー・フェンダーの有無などの違いがありますが、ビフォーアフター的にサドルまわりの一体感が増し、全体的にスッキリとしたシルエットにまとまっているのを感じますね。

あくまでも個人的な感じ方なので、全ての方にオススメ出来る訳ではありませんが、ミニベロや折り畳み自転車には縦型サドルバッグが似合う!!と覚えておいて損はないと思います。

まとめ

TOPEAK(トピーク)製縦型サドルバッグ『MondoPack(モンドパック)』09

縦型サドルバックのモンドパックが思いのほか気に入ってしまい、大容量タイプにも食指が動きそうです。

個人的にやぐら付近が緩やかにカーブしたオフセットタイプのシートポストと相性が良いと感じるので、導入に問題が無いのなら同時交換をオススメしたいです。

今回はサドルバッグを新調しましたが、これで一連のミニベロ軽量化やカスタマイズは一段落といった感じです。

私の住む地域は積雪があり、ミニベロはこれから長いオフシーズンに突入するので、次回のカスタマイズは来春くらいになるでしょうか。

スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました