スポンサーリンク

クランクブラザーズの携帯ポンプ『Gem(ジェム)』の感想

CrankBrothers(クランクブラザーズ) ジェム(Gem) S 携帯ポンプパッケージ

ミニベロ用の携帯ポンプとして、コンパクトで人気の高いAIR BONE(エアボーン) を購入するつもりでいましたが、私好みの秀逸なデザインに惹かれて、思わずCrankBrothers(クランクブラザーズ)の携帯ポンプ『Gem(ジェム)』のSサイズを購入してしまいました。

クランクブラザーズの製品はスピーディアーレバーに続いてふたつ目で、クランクブラザーズのシンプルかつ男くさいデザインは私にとって琴線に触れるものがある様です。

スポンサーリンク

クランクブラザーズの携帯ポンプ『Gem(ジェム)』Sサイズの感想

購入したときには気にも留めていませんでしたが、パッケージ開封してまじまじと眺めてみると、この携帯ポンプが何かに似ていることに気が付きます。

CrankBrothers(クランクブラザーズ) ジェム(Gem) S 携帯ポンプ 付属品

シルバーを選択したせいもありますが、どうみてもライトセイバーです…

最初は単なる偶然だと思っていたのですが、思い返してみると他のカラーバリエーションは蛍光色気味のレッドやグリーンで、色味がモロにライトセーバーの光軸部分です。

さて、肝心の携帯ポンプとしての機能ですが、付属品は本体の他にボトルケージマウントに取り付けるアタッチメントと固定用のゴムリングだけと大変シンプルです。

これらは携帯ポンプをフレームへ外付けする時に使用し、手で外すときにちょっとキツいかな?と感じるくらいしっかりと固定されるので、走行中に脱落する心配は無さそうです。

CrankBrothers(クランクブラザーズ) ジェム(Gem) S 携帯ポンプ 寸法

気になるサイズ感ですが、メーカーの公称値でジェムSサイズは176mmとなっていて、実際その通りの寸法でした。

上画像では明らかにそれ以上に見えますが、シリンダー部分が若干伸びた状態で撮影してしまったため、寸法は190mm近くなり、実際とは異なるサイズになっています。

因みにヘッドの部分の寸法は47mmで持ち手の最大径は33mm、縦横の最大寸法は176mm×47mmとなります。

携帯ポンプとしては少し大きめな部類に入りますが、内寸が180mmのツールケースにならギリギリ収納できるサイズ感でしょうか。

私はSサイズを選びましたがジェムにはLサイズもあり、Sサイズが寸法176mm重量128gに対して、Lサイズは寸法205mm重量155gと3cmほど総寸が長くなります。

SサイズとLサイズの違いは重さと総寸だけで、対応できる最大空気圧は両者とも100psi/7barと機能面は共通しています。

さて、実際に手にしてみて一番便利に感じたのはジェムに備わっているエアボリューム切り替え機能ですね。

持ち手の底部にあるツマミを捻る事で、容量重視のハイボリュームモードと空気圧重視のハイプレッシャーモードに簡単に切り替えができ、ポンピングの負荷を任意に調整できます。

個人的にハイボリュームモードが思いのほか使いやすく、ミニベロ用に購入したものの、ファットバイク用の携帯ポンプとしての方が役立ってくれそうな気さえしてきます。

好みのデザインで最低限の機能もあり、エアボリューム切り替え機能が予想以上だったので今のところ特に不満は感じませんが、標準で延長ホースが付属していれば完璧だったでしょうか。

まとめ

私はミニベロとファットバイクという両極端の自転車を所有していますが、専ら携帯ポンプ派でCO2ボンベやインフレーターを積極的に使用していません。

帯に短し襷に長しといった感じで、16gのCO2ボンベはミニベロのタイヤでは使い切れず、逆にファットバイクのタイヤでは全く容量が足りません。

今回購入したクランプブラザーズのジェムは、本来ならMTB用として最適な携帯ポンプという印象ですが、ミニベロ用には十分過ぎファットバイク用として辛うじて実用範囲内といった感じに、良い意味での中途半端さを持っている携帯ポンプに思えます。

余談ですが、従来のグリーン・シルバー・レッドに加えて、新たにブラックメインのミッドナイト エディションも登場しています。私が勝手に予想した『モチーフはたぶんライトセイバー』説が揺らいでいますが、こちらも見た目が渋くてカッコイイですね。

スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました