スポンサーリンク

やわらかさを求めて…『アデプト』のサドルを試してみた感想

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)01

先日からミニベロの軽量化をコツコツと実践していますが、ペダルの交換の次はサドルの見直しをしてみました。

実のところ現在使用しているサドルには殆ど不満が無く、今回の新サドルはミニベロでテストした後に本命のファットバイクに装備する予定なのですが

現在のサドルよりも軽量なので、使用感さえ上々ならばこのままミニベロ用として使い続けることになるかも知れません。

スポンサーリンク

謎の新ブランド『ADEPT (アデプト)』のサドル

今回購入したサドルは、ADEPT (アデプト)HYRIDE ハイライド』というコンフォートサドルで、私自身はじめて名前を聞くブランドでした。

ひょっとして、近年某アマゾンで増殖中の中華メーカーの製品では?と少し警戒したのですが、自転車やパーツやアクセサリーの輸入販売を手がけている、株式会社マルイ(兵庫県神戸市)が2016年に立ち上げたオリジナルブランドです。

アデプトは洗練されたフォルムと納得の機能性を併せ持つアーバンサイクリスト向けパーツブランドだそうで、確かに価格の割に見た目の洗練された製品が目立ちます。

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)03

さて肝心のサドルですが、3000円程度の製品な割にショボさは感じず、見た目は中々のモノです。

コンフォートサドルなのでボリューム感のある外見をしていますが、重量は314gとコンフォートサドルではかなり軽量な部類でしょうか。実際に手で持ってみると確かに軽く、その見た目とのギャップに驚かされます。

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)04

乗り心地を重視したコンフォートサドルですから、サドル内にはクッションとして詰め物がされています。

サドルを軽量化するためにゲルを使用していない影響で、指で座面を押してみると予想していたよりも随分と硬く感じます。

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)05

裏面には特筆すべき点は見られませんが、レールは7mmのクロモリの中空レールが使われています。

よく見るとサドル上面を覆っている合成皮革が裏側で小さなステープルを使って鋲どめされており、数年後にはここからポリウレタンの劣化か始まるかも知れませんね。

因みにこのハイライドにはブラウン・ブラック・カモフラージュの3色があり、カラーによって材質が異なっています。

ブラックはポリ塩化ビニル製でカモフラージュはナイロン製、残念ながら私の選んだポリウレタン製のブラウンが、最も劣化に弱い材質ということになるでしょうか。

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)06

材質は合成皮革のポリウレタン製とはいえ、デザインを含めたサドルの表面部分にはチープさは無く、安価なコンフォートサドルらしからぬ佇まいです。

このサドルはVUELTA(ヴェルタ) コンフォート VL-1238Aという製品のOEM品かリニューアル品に相当するらしいのですが、見た目はこちらの方が洗練されていますし、50gほど軽量化されているようですね。

アデプトのサドル『HYRIDE ハイライド』の使用感は?

ADEPT(アデプト)サドル HYRIDE(ハイライド)02

早速、このサドルをミニベロ『F-20R』に取り付けて40kmほど試乗してみました。

因みにパッド付のレーパンやインナーパンツは使用せず、少し薄手の夏用ジーンズで乗っています。

率直な感想を言わせてもらえば、手で触れて予想出来ていたとはいえコンフォートサドルとしては座面が硬すぎますね、決して乗り心地は悪くないのですが10kmを越えたあたりから、お尻に違和感とちょっとした痛みが出始めます。

直前に使用していたコンフォートサドルが優秀過ぎたせいもありますが、痛みが出始めるまでの距離が短すぎるのはマイナスですね…

ですが、不思議なことに痛みが時間経過や走行距離とともに増大することは無く、少しの痛みが距離とは無関係に延々と続く印象でしょうか。慣れやお尻のポジショニング次第では化ける可能性もあります。

コンフォートサドルで300g弱の重量は大変魅力的なのですが、この見た目に反した座面の固さは初心者には酷かもしれません。

軽量化を優先して250g前後の準コンフォートサドルを選んでも、乗り心地の快適さに差が無いように感じます。

乗り心地も軽量化も中途半端でどっち付かずな印象が否めませんが、貧弱な私の尻には難易度の高いサドルですね。

使い続けるには、お尻のポジショニングや座面の角度調整を煮詰めていく必要があるでしょうか。

 お尻に優しいやわらかサドルは?

長距離を走ってもお尻がいたくならないサドル探しは、嵌ると『サドル沼』と呼ばれるくらい厄介です。

個々人の体形や自転車の種類にも依存するので一概には言えませんが、今回のサドル交換で今まで使用していたサドルが如何に優秀だったのかを、あらためて気付かされました。

VELO(ベロ)VL-1475&SERFAS(サーファス)RXアドバンス

私が最初にミニベロに使用したサドルは、画像左のVELO(ベロ)のコンフォートサドル VL-1475で、このサドルは40kmくらいまでの距離ならギリギリ快適さを維持できます。

ですが、アデプトのハイライドとは違って距離に比例して痛みが強くなるので、それ以上となる長距離での使用はそこその苦痛を伴います。

現在、ミニベロに使用しているサドルは画像右のSERFAS(サーファス)のRXアドバンス、元々はファットバイク用に購入したコンフォートサドルでした。

見た目が大きく、いかにもコンフォートサドル丸出しの外見をしていますが、車体のゴツいファットバイクになら多少大きなサドルでも逆に似合ってしまうのです。

残念ながら、アップライト姿勢に近い状態で乗るファットバイクには合わず乗り心地がすこぶる悪かったため、いつ交換してやろうか…と苦々しく思っていたのですが、気まぐれで試しにミニベロに装備してみたところ、不思議なくらいにお尻に痛みが出ません。

恐らくファットバイクよりも前傾気味になる、ミニベロのポジションが影響していると思うのですが、このサドルは何km乗り続けても、快適なままでした。

因みに、ベロのVL-1475は375gでサーファスのRXアドバンスはメンズモデルで485g、レディースモデルで495gと激重なので、その辺は割り切って使う覚悟が必要でしょうか。

まとめ

せっかく購入したアデプトのサドルですが、逆に今まで使っていたサドルの評価を高める結果になってしまいました。

凄さを再認識したサーファスのRXアドバンスですが、やはり500g近い重量と幅広サドル故の見た目の悪さやペダリングのしづらさといった欠点もあります。

SERFAS(サーファス)MH-RX&SERFAS(サーファス)RX レースレディ

実はサーファスにはアドバンスRXの欠点を解消した上位モデルが2種類あり、今回の件でミニベロ用に新たに購入することに決めました。

画像左はハイパフォーマンス MH-RXで、RXアドバンスの快適性をそのままにペダリングしやすいようにスリム化し、ロードバイクにもギリギリ使用できる見た目になっています。

重量は430gと少しだけ軽くなっていますが、快適さと重量をバランス良く満たしたいなら画像右のRX レースレディが最適かも知れません。

RXアドバンスやMH-RXと比べてクッション性は抑えられていますが、重量が320gと個人的には許容範囲です。実際に使用した方の評判も良く、パッド付きのレーパンなしでもロードバイクに快適に乗れるそうです。

もはや趣味?尻痛に効く秀逸サドル『サーファスRX』シリーズを全制覇
お尻が痛くならない神サドルことSERFAS/サーファスRXシリーズを遂にコンプ。座面の柔らかさや使い心地など、アドバンス・レースレディ・ハイパフォーマンスの三種類を比較した感想や違いについて簡単にまとめています。

とにかくお尻の痛みを解消したいなら『RXアドバンス』、見た目も気になるなら『MH-RX』、快適さ・見た目・重量をバランス良く満たしたいなら『RX レースレディ』、といった選択になるでしょうか?

どちらのモデルを選ぶか悩ましいところですが、ミニベロ軽量化の意図がある分だけRX レースレディに心が動きますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました