スポンサーリンク

200g以下が狙い目?ミニベロにオススメな軽量ペダル4選

ミニベロ用軽量ペダル

ちょっとした買い物はもちろん、ロングライドでも特に不満を感じていませんが、所有するミニベロKHS製のF‐20Rを購入して以来、一度もカスタマイズをしたことがなかったので、シーズンオフを前にちょっとした軽量化を実施してみることにしました。

差し当たっては、タイヤ・シートポスト・ペダル・サドル・鍵・携帯品が真っ先に軽量化の対象になるのですが、取り合えず一発目として、導入の難易度の低そうなペダルから軽量化することに決めました。

事前にアタリを付けていたので購入候補はそこそこ絞られていましたが、交換するペダルの条件は以下の4点を満たしていることです。

【1】ペアで200g前後の重量

【2】ペダルの踏み面が小さ過ぎない

【3】実用に耐え得る剛性がある

【4】踏み面の滑り止めが鋭利過ぎない

特に私はサイズの大きな靴を履くことが多いので、【2】は中々重要な要素と言えるかも知れません。

また、ミニベロはカジュアルな格好で乗ることが多いので【4】も地味に気になる部分です。

最近は随分とマシになりましたが、私には停車後の漕ぎだしの際に無意識に靴のアッパー部分でペダル位置を調整してしまう悪い癖があり、レザーやスエードレザーの靴に傷を付けてしまう事がよくありました。

あくまでも【4】はプラスアルファといった感じですが、出来るだけ滑り止めがソフトな方が安心できますね。

因みに、F‐20Rは折りたたみ機能のあるれっきとしたフォールディングバイクですが、今のところ輪行や車載などの用途に使う予定が全くないので、今回のペダル選びでは、ペダルの取り外し機能の有無は考慮に入れていません。

スポンサーリンク

候補になったミニベロの軽量ペダル4選

TIOGA(タイオガ) シュアーフットミニ

最初に目星を付けたのは、ミニベロ用の軽量ペダルとして人気の高いTIOGA(タイオガ)のシュアーフットミニです。

ペアで208gとまずます軽量で剛性も十分、シールドベアリング採用で外観にも安っぽさを感じません。

踏み面には滑り止め用の突起がありますが、鋭利なピンタイプではないので、私好みな感じでしょうか。

ただ、残念ながらこの手の軽量ペダルの宿命か踏み面のサイズがW62×L70mmと必要最低限な作りで、一見すると子供用のペダルかな?と勘違いするほど小さいです。

トータルバランスが良く候補としてはかなり上位に入ると思いますが、踏み面のサイズを重視する私の場合なら、多少重量がアップしても同じタイオガ製のシュアーフット8シュアーフット9の方が向いているかも知れません。

両者ともシュアーフットミニよりも50gほど重くなってしまいますが、縦に長い踏み面や回転性能良さで人気のペダルです。

因みに、シュアーフット9は既に生産が終了していて在庫は市場に出回っている限りです。このペダルが気になる方は、在庫があるうちに確保しておきましょう。

MKS(三ヶ島) コンパクト [Compact] ペダル

続いては、ペダル専門のメーカーとして知られる三ヶ島製作所ことMKS製のCompact(コンパクト)ペダルです。

作りの確かさに関しては流石はペダル専門メーカーといった感じでしょうか、ペアで233gと今回候補に挙がったペダルの中では最重量ですが、その増量分だけ剛性が増しているので許容範囲でしょうか。

こちらもシールドベアリング採用で、踏み面の滑り止めもソフトです。ただ、踏み面がW75 x L67mmと小さく、面積は前述したタイオガのシュアーフォットミニと殆ど同じなのが残念。

こちらの方がタイオガ製よりも横方向にスペースが割かれていますが、デザインも含めてどちらを選ぶかは好みの問題かも知れませんね。

MKS製のペダルはどちらかと言えば、ワンタッチで取り外し可能なEzyシリーズの方が有名なので、輪行などで折りたたみ機能を頻繁に使う方に向いているメーカーだと思います。

VP ONE(ヴイピーワン)VP-PIPER

お次は、ワイヤーロックで人気のcropsが販売しているVP ONE(ヴイピーワン)シリーズのVP-PIPERです。

正直、見た目はかなりチープですが、ペアで167gと抜群に軽量なのが最大の魅力ですね。

ペダル本体はアルミ製ではなくカーボン製である点が軽量な理由ですが、見た目のショボさにさえ納得できれば、滑り止めのソフトさも含め、悪くない選択肢だと思います。

シールドベアリング採用で踏み面のサイズはW85×L54mmとこちらもやはり小さめですが、今回候補に挙がったペダルの中では最も安価でコスパにも優れています。

AEST 6061-T6

さて、トリを飾るのが私が実際に購入を決めたAESTの6061-T6です。

本来ならコスパの良さが決め手となり、前述のVP-PIPERにする予定でしたが、個人的に謎だった中華メーカー『AEST』の評判がそこそこ良かったので、思い切って購入してみました。

このAESTなるメーカーは中国の深センにあるらしく、OEM品が『ROCKBROS(ロックブロス) 』やその他のメーカー名で販売されています。

最近はアマゾンで頻繁にこの名前を見掛けますし、中華製品のレビューはあからさまにステマなのがわかるので少し心配しましたが、AEST製のペダルは中々のものです。

シールドベアリング採用で重量は何とペアで170gです。踏み面はカーボンではなくCNC加工のアルミ製なので見た目にチープ感は全くありません。

このペダルが軽量な理由はチタンシャフトが使われているからで、アルミ製の踏み面の方がオマケといった感じでしょうか。

正直、シールドベアリング採用ですから例え踏み面がダメダメでも、軽量なチタンシャフトさえまともなら、幾らでも他の軽量ペダルに移植すればイイじゃない?という計算もありました。

個人的に唯一残念なのが、滑り止めにピンタイプが採用されている点ですが、実際に使ってみると靴底やアッパーを過剰に傷つけるような鋭利さはなく、足裏をしっかりとグリップしてくれるバランスの良い仕上がりですね。

踏み面のサイズはW80×L80mmと今回の候補中では最も大きく、サイズが28cmある私の足でも十分に実用範囲です。

因みにこのペダルには外観が同じでも、シャフトや踏み面の材質が異なるバージョンが幾つもあり、OEM生産もされています。

(株)リンエイのオリジナルブランド『Palmy Sports/パルミースポーツ』からは、バタフライペダルという名前でリリースされていて、チタンシャフトのPS-717Tはペアで200gとこちらも中々優秀ですね。

ファットバイクにおすすめの軽量フラットペダルイメージ06

思いのほか使い勝手が良かったので、最後におまけとして紹介するのがxpedo/エクスペドwellgo/ウェルゴのペダルです。

両者とも同じ台湾メーカーですが、販売国によってブランド名が使い分けられています。

ミニベロ向きなペダルも幾つか存在し、コスパの良さにも定評がありますが、特にオススメなのがエクスペドのSPRYやウェルゴのC237M194で、どのペダルも十分な踏み面のサイズを確保しながらも、重さは250g前後と大変優秀です。

私がファットバイク用として購入したエクスペドのSPRYは、W100mm×L106mmという大き目の踏み面サイズにも関わらず、実重量が253gと、この価格のペダルとしては驚くほど軽量です。

試しにミニベロに組み付けて一ヶ月ほど使用してみましたが、このままミニベロ用として使い続けたくなるほどペダリングに安定感があり、急な坂道でも安心して踏み面に体重を預ける事が出来ました。

サイズが大きいので、全てのミニベロに推奨できる訳ではありませんが、折り畳み機能を全く使用しない場合や元から折り畳み機能が備わっていないミニベロになら、快適に使用できると思います。

AEST製チタンシャフト軽量ペダルの感想

AESTチタンシャフトペダル01

中華メーカーということで、簡易包装のバルク状態で届くのでは?と思っていましたが、結構まともな状態で届きました。金属ケース入りという予想外のパッケージ仕様です。

AESTチタンシャフトペダル02

シャフト部分を持って軽く指でペダル本体を弾いてみると、抵抗なくクルクルと回転し、現在使用している標準ペダルとは雲泥の差です。

あまり回転しすぎても、ペダルに足を載せるときに厄介になりますが、少なくともチタンシャフトを抜いてグリスを塗り直す必要が無いくらいにはスムーズに回転し続けてくれてますね。

上画像の様に取り付けにはペダルレンチではなく8mmの六角/ヘックスレンチを使用するタイプで、付け外しの際にクランクに傷が付きづらく怪我もしにくいので、個人的にはこちらの方が好みでしょうか。

余談ですが、よくあるセットの六角レンチでは取り外しの際に短すぎて十分な力を加えづらいので、持ち手部分を延長する六角レンチ用のエクステンションバーがあると何かと重宝します。

VP-320

試しに今まで使っていたVP ONE製の『VP-320』と並べてみると、横幅はほぼ同じか少しだけAESTの方が長く、縦幅はリフレクターの分を差し引いてもVP-320の方が長い作りです。

因みにVP-320の重量はペアで370gもあり、ペダル交換だけで200gも軽量化できることになります。

まとめ

最後に実際にペダルを交換して、40kmほど乗り回してみた感想ですが、はじめは流石に違和感があったもの、すんなり馴染むことができ、軽量化で不安の残る踏み面にも撓みや軋みを感じませんでした。

ペダルを変えてみて思ったのは、足のサイズが大きい方は1cmでも縦幅が広い方が疲れづらく、ペダルのサイズは横幅よりも縦幅を重視したほうが良いという事でしょうか。

私の場合、今回のペダル交換で特に問題はありませんでしたが、靴のサイズが28cm前後の場合で安全かつ疲れづらいペダリングをするなら、ペダルの縦幅は最低でも8~10cmは必要になると思います。

因みに、軽量化は二の次で『ペダルは踏面サイズと回転が命!』という方には 、MKSこと三ヶ島製作所の万能ペダル『ALLWAYS/オールウェイズ』もオススメですね。

噂通りの滑らか回転!?ミニベロのペダルを『MKS ALLWAYS』に交換
滑らかな回転で評判のベダル、MKS/三ヶ島製作所『ALLWAYS』の感想をまとめています。クロスバイクやマウンテンバイク用にオススメなのは勿論、グラベル系のロードバイクやミニベロにも使える汎用性の高いペダルです。

重量面では今回紹介したペダルに敵わないものの、ノーメンテで得られる回転のスムーズさには目を見張るものがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました