セール情報:2023/1/24 更新

TOKYOlife/東京ライフ●ウインターメインセール開催中!
ストア内のTOKYO WHEELSにて、サイクルウェア等の本番セール
終了日未定

【Tokyo Life】

PROBIKEKIT/プロバイクキット●アウトレット商品売り切り最大70%オフ、秋冬ウェア30%オフ

【ProBikeKit】

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試す

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ01

真冬が主戦場となるファットバイク乗りということもありますが、巷で「冬用」や「0~5℃対応」を謳ったサイクルウェアにはちょっとばかり懐疑的です。

アウターを含むトップス類には、流用しやすい登山用も含めて及第点な製品も多いのですが、残念ながら下半身を寒さから守ってくれるパンツやタイツ類に関しては、100%満足できる物に出会った経験がありません。

厳冬期に使えるサイクルパンツやタイツは大抵ロードバイクなどのオンロード用で、防寒性や防風性を備えているのが体の前面または太腿部のみ……そういった製品ばかり。

寒風が全方向から襲う雪国の冬では防御力が全く足らず、汗冷え以前にライド中の天候急変で体が冷え切ってしまうことも珍しくありません。

「あんた、自転車で雪山にでも登るのかい?」なんて揶揄されそうですが、経験上この手のパンツは登山用やトレラン用から探した方が確実ですね。

さて、すでに防寒パンツ探しが冬の恒例行事になっている私ですが、今季は珍しくカジュアル系サイクルパンツからのチョイス。

その名も「鬼起毛ジョガーパンツ」で、リンプロことrin project/リンプロジェクトがリリースしている冬用サイクルパンツです。

普段使いできるカジュアル寄りなパンツなだけに、防寒性はイマイチなのでは?といった先入観もありましたが、今年で生産終了とのことで、試しに購入してみることに。

スポンサーリンク

リンプロジェクト「鬼起毛ジョガーパンツ」の詳細&サイズ感

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ02

「鬼起毛ジョガーパンツ」、何ともユニークなネーミングですが、裏起毛の毛足が3.5mmもあることが由来だそうです。

カラーバリエーションはブラック・グレー・ベージュの三色展開ですが、ベージュは希少で取扱いが極端に少ない印象。

ボリューミーな裏起毛が特徴のパンツには、他にユニクロの「ボアスウェットパンツ」もありますが、こちらのリンプロ製は自転車用だけあって、表地には防風性・撥水性・ストレッチ性を備えた機能面に優れる素材が採用されています。

裏地の鬼起毛が体温を蓄熱し、表地の防風生地がそれを逃さず外気もブロック……こういったダウンジャケットのような特性がこのパンツの防寒性を担っていますが、暖かさの要となる表地の防風性がどの程度なのかが気になるところ。

何本もの防寒パンツを試してきた私の経験上、ゴアウインドストッパー(現ゴアテックス インフィニアム)が使われているか、生地の間に防風フイルムがサンドされていない限り、期待したほどの防風性は発揮されません。

購入前の某レビューでは、パンツ単体でも0~5℃帯の気温に耐えられたとありましたが、これが事実なら防寒性だけでなく高い防風性も備えていることになります。

因みに、汗処理はそれほど考慮されておらずガチライドには不向きとのこと、寒い中をのんびり長時間ライドしたり、競わないファンライドやポタリング、街乗り・通勤・通学に向いているサイクルパンツという立ち位置。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ03

何の面白味もありませんが、今回は無難にブラックを購入してみました。

化繊パンツは埃を吸着しやすく、黒系はその埃が目立ちやすいのが難点ですが、表地にはしっとり感のあるソフトシェル生地が使われていて、思っていたよりも埃がつきづらい素材感。

取り合えず、着用する度に粘着テープや洋服ブラシのお世話になることは無さそうです。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ04

サイズはMで価格は税込で¥16500、カジュアル系サイクルウェアはどのブランドでも機能性の割に総じて高価ですが、ギリギリ手を出しやすい価格かな?

これが¥20000前後だと、少し考えてしまうかも。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ05

ウエストのフィット感はイージーパンツのように紐で調節可能。

一見、前開きのように見えるフロントジップですが、実はフェイク。カジュアルパンツ風に見せるためにステッチのみ施されています。

ポケットは左右と右大腿部の合計三箇所、左右ポケットにはジップが備わっていないので貴重品は入れない方が良いかも。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ06

バックポケットが無いかわりに右腰部にはDカンが備わっていました。

カラビナで鍵をぶら下げたり、フック付きのウォレットをぶら下げるのに丁度良さそう。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ07

右大腿部のポケットは入り口をベルクロで固定できる仕様、貴重品を入れるならここかも知れません。

ポケットは10cm×15cmのスマホサイズですが、iPhone 14 Pro Maxなんかの大画面スマホには寸足らず。

重量感のある物や硬質な物を入れると着用感が損なわれる気もするので、薄手の財布や軽い行動食なんかを入れておくのが一番かな?

冬季はアウターに収納スペースが豊富にあるので、出番の無いまま終わりそうな予感も。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ08

個人的に最も気になったのが、裾のリブ部分でしょうか。

裾に掛けて細くテーパードしたリブ仕様のジョガーパンツで煩わしい裾バンドが一切不要ですが、リブ素材はコットンを避けて欲しかったです。

コットン素材は風合いや肌触りに優れますが、ヨレやすく摩耗にも弱いので好みではありませんね。

欠点という程ではありませんが、ヘビロテするなら気懸りになる部分かも。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ09

裾の裏側を見てみると、右ふくらはぎ部分にリンプロジェクトのブランドアイコンがリフレクターとしてプリントされていました。

余計な装飾は好まないタチですが、このくらいなら邪魔にならず許容範囲でしょうか。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ10

裏地は「鬼起毛」の名の通り、ボリュームのある毛足が密集しています。ボアよりもポーラテックフリースに似た質感で、滑らかな手触り。

着始めは若干毛抜けする場合があるそうですが、国産品だけに作りに安っぽさは一切なく、嫌なニオイもありません。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ11

最後に気になるサイズ感ですが、Mサイズを平置きした際の実寸は以下の通り。

【ウエスト】78~88cm
【ヒップ】104cm
【股上】前27cm/後32cm
【股下】74cm
【ワタリ】27cm※股合わせから10cm下
【裾幅】12cm

生地は縦横に伸びる2WAYストレッチで動きやすく、股上は前が短く後が長めと自転車に特化した作り。

因みに、踝丈のジョガーパンツということで、一般的なフルレングスパンツよりも股下が若干短めの仕様ですね。

私は長身ですが痩せ型なのでウエストサイズに合わせてMサイズを選択しましたが、実際は公式のサイズ寸法よりもウエストまわりがタイトだったので、気にせず股下の長いLサイズを選ぶのが正解でした。

公式ではMサイズのウエストは80-86cmとなっていますが、これは平置きではなく実物のパンツ内周に沿って測った値だそうで、平置き寸法よりも少し大き目の数値になっています。

元々、大き目でもウエストを絞って着られる作りになっているので、私と同じく長身で細身の方はMではなくLサイズを選びましょう。

仮にウエストまわりが余っても、冬場はアウターの裾で簡単に隠せますしね。

気になる防寒性は?「鬼起毛ジョガーパンツ」の使用感をチェック

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ12

とっくに初冬ですが、パンツの防寒性を確かめる日に限って暖かい日差しが……

気温は10℃前後、風はやや強めの5~6m/sとなり、体感温度は一応10℃以下になるのかな。

気温が10℃前後だと、普通にカジュアルパンツの下にインナータイツを履く頃合いですが、今回は検証のため鬼起毛ジョガーパンツ単体での出走。

もちろん上半身はアウターをちゃんと着てますよ?

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ13

ただ着るだけならMサイズがジャストフィットでサイズ選びに失敗した影響は軽微、ソフトシェルの質感も良く、普段使いのカジュアルパンツとしてもレベルが高いです。

上半身は昨年から愛用のティラック「スバルバードジャケット」、シューズは先日紹介したファウデのMTB用防寒シューズ、日差しのせいで何となくポカポカ陽気に見えますが、このくらいの装備で暑くも寒くもない丁度良い加減。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ14

因みに、高いストレッチ性があってもサイズが小さめなこともあり、しばらく走るとご覧通り裾がずり上がってきます。

この位置から上にはきませんし、シューズがミッドカットなので特に不都合もありませんが、リブ部分は防風仕様ではないので、厳冬期は防水・防風ソックスを組みわ合わせてコールドスポットを消してあげるのがベストかも。

誤解の無いように補足しておきますが、パンツのストレッチ性は最近アウトドアウェアに多用されているゴアテックス インフィニアムよりも高く、体への追随性は間違いなくこちらの方が良いです。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ015

着用感を確めた後、定期的に訪れている海辺を目指して出発。雲多めの青空ですが、時折日差しが陰ると気温が急激に低下するのを感じます。

さて、気になる裏起毛ジョガーパンツの防寒性ですが……

正直舐めてました、凄いぞリンプロジェクト!

当初は、そこそこの防風性を備えた表地とボリュームのある裏起毛を組み合わせた力技で、防寒性を確保するパンツだと思っていたのですが、表地の防風性が予想を裏切るハイスペック。

全身で一番暖かいのがパンツ部分だったという、思いも寄らない結果でした。

このブログでも冬の自転車用として使えるオススメの防寒パンツを幾つか紹介していますが、暖かさは単体最強だったノースフェイス「レッドランロングパンツ」上回るかも知れません。

勝手に厳選!冬の自転車にオススメな『防寒パンツ』を紹介するよ
冬用サイクルタイツは数あれど、ピッチリなのは恥ずかしい…そんな方のために私が実際に使用した経験を元に、冬の自転車用として雨・雪・風を防ぐ『防寒パンツ』を長所・短所を交えつつリストアップしてみました。
冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ16

走行中のフィット感はこんな感じで、自転車に跨ることで着心地が若干タイトになります。

ストレッチ性が高く、膝にも太腿にも突っ張る感じはありませんが、張り気味になるのを見越して大き目サイズを選ぶのもアリかな。

表地にどういった素材を使っているのか謎が深まりますが、ペダリングで膝の生地が伸縮しても防風性に影響は見られず、風速5m/s前後の向風の中を走行しても、素肌に風や冷気を感じることはありません。

因みに、セルフィが多いのは孤独を愛するぼっちチャリダーだからです……その辺は察して下さい。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ17

目的地の海辺に辿り着き、鬼起毛ジョガーパンツの着用感もぬくぬくと快適なまま。

この後、とんぼ返りで帰途につきますが往復50kmの道のりで寒さを感じることは一切なく、今のところ気温10℃前後ではパンツ単体で何ら不自由しないことがわかりました。

前述したように、大汗を掻くようなガチライドには向かないサイクルパンツですが、眉唾だと思っていた「パンツ単体でも0~5℃帯に耐えられた」というレビューも間違いではなさそう。

2022年モデルで生産終了なのが残念ですが、終了の理由が使用している素材が廃番になるからとのことなので、素材を変えてリニューアルもあり得るのかな。

まとめ

カジュアル系のサイクルウェアということで機能性はイマイチだと勝手に思い込んでいましたが、リンプロジェクトの鬼起毛ジョガーパンツ……侮り難し。

正直、在庫のあるうちにサイズアップでもう一本欲しくなりました。

数年前から続くリンプロジェクトの人気商品だそうですから、来年には知れっと復活していそうな気もしますが、個人的にリブ素材に改善が欲しいですね。

因みに、ワイズロードオンラインTOKYO WHEELSなどのサイクル系ショップが穴場だったりするので、2022年の最終モデルを買いそびれた方はダメ元で探してみるのも手です。

冬の自転車に最強の暖かさ!リンプロ『鬼起毛ジョガーパンツ』を試すイメージ18

さて、この記事を書いている時点で私の住む地域は少し早めの寒波に襲われています。

タイミング良く気温0℃前後でテストできそうな状況ですが、雪質がやたらと重くファットバイクでの出走を躊躇う始末。

インナータイツ無しでも、鬼起毛ジョガーパンツなら十分にライドできそうな気配ですが、やっぱりファーストライドはサラサラのパウダースノーの方が好みです。

余談ですが、昨シーズンにコロナ禍の影響で発売されなかったユニクロの「防風エクストラウォームイージーパンツ」が、今年はしっかりリリースされています。

シルエットに難アリで使いどころが難しい防寒パンツですが、大変コスパが良くダウンパンツ並みに暖かいので、リンプロなんて高くて買えないよ……という方は一度お試しあれ。

管理人からのお知らせ

・当ブログは無許可での転載や引用、外部サイトでのリンク、URLやその一部の掲載、これらの行為を禁じております。ご希望の際は必ず事前に『お問い合わせ』にてご連格下さい。

・当ブログはAmazonアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ
タイトルとURLをコピーしました