何センチがベスト?意外に悩むファットバイクのハンドル幅

ファットバイクのハンドル幅イメージ01

私の所有しているファットバイク、『アーガス エキスパート』は

標準でハンドル幅が76cmあります

数回乗った時点で、流石に長いと感じたため

グリップを交換するついでに左右3cmずつカットし

現在のハンドル幅は、ちょうど70cmです。

夏場や街乗りではミニベロを愛用しているので

数か月ファットバイクに乗らないことも珍しくないのですが

久々にメンテを兼ねて乗り回してみると

あれ?乗りづらい…

ハンドル幅44cmのミニベロから、70cmのファットバイクへの乗り換えですから

違和感があっても不思議はありません

ですが、それを差し引いても腕に残る疲労感が半端じゃないです。

去年の時点でも、ファットバイクで走行した後は

腕に疲労が残りましたし、僧帽筋が高確率で筋肉痛になりました

単に私が乗り慣れていなせいだと思っていましたが

これは、ファットバイクのハンドル幅を

もう一度、見直した方が良さそうです。

スポンサーリンク

ハンドル幅を60cm未満にするのはアリ?

ご存知の方も多いでしょうが、自転車の幅が60cm以上になると

『普通自転車』ではなくなり、車道を走るのが著しく危険と判断される場合であっても

歩道や自転車専用レーンが走行できなくなります。

また、ロードバイクやミニベロならハンドル幅は44cm前後

MTBやファットバイクと同じフラットバーのクロスバイクでも

ハンドル幅は45~50cmくらいですが、MTBやファットバイクは

60cm未満のマシンを探す方が難しいです。

自転車に優しくない国内の道路事情を考えると

ギリギリ60cmのハンドル幅にしてみたくもなりますが

悪路での安定性を少なからず犠牲にする必要が出てきます。

ファットバイクのハンドル幅は何cmが良いのか?

体格による個人差はもちろん、ハンドル高やステムの長さなども影響してくるので

一概には言えませんが、ファットバイクのハンドル幅は

MTBと同じくらいか、気持ち大きくした方が良い気がします。

一般的にハンドルの幅が広いほど、車体を地面に押し付けやすくなり

悪路での安定感が増すのですが、ファットバイクの極太タイヤは

空気圧が高いままだと、砂利道などで予想以上にタイヤが暴れます

60cm未満のハンドル幅では制御が難しく

安定感に欠けるので、やはり70cm前後が望ましいでしょう。

逆にトレイルではなく、街乗りやフラットな雪道の場合なら

もう少し短い60cm台でも構わないかも知れません

実際、広過ぎるハンドル幅では小回りが利かず

狭い農道での切り返しで、何度か水路に転落しそうになったことがありますし

雪道でリアタイヤが流れた時も、素早く態勢を整えられなかった記憶があります。

まとめ

ミニベロに乗り慣れてしまった影響が少なからずありますが

ハンドル幅をあと2~4cmくらいパイプカッターでカットしても差支え無さそうです。

ハンドル幅が広いと、悪路での安定性が高くなりハンドルの操作感も軽くなるのですが

脇を締めてハンドルを引き付けられないので、坂道が不得手になります

この影響は意外に大きく、ギアを軽くしても容易に埋め合わせ出来ない印象です。

ハンドル幅によって一長一短があり、悩ましいところですが

私の場合、雪道以外の悪路は滅多に走らないので

ハンドル幅は60cm台半ばの街乗り仕様がベストでしょうか

実験を兼ねて、ハンドル幅60cmジャストも一度は試してみたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ