実用性が凄かった!謎ブランド『POTA BIKE』のフロントバッグを初購入

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ01

少し前の話ですが、一年使い続けたフロントバックが破損し、寿命を迎えました。

このフロントバッグは主にミニベロ用に使っていたもので、街乗りからロングライドまで大変重宝していたのですが、直射日光による生地の劣化やジッパー部分の破損で思いのほか短命に終わります。

私のミニベロはサスペンションシートポストを装備しいるので一般的なサドルバッグが使えません、携帯品の殆どをツールケースにまとめてボトルケージに収納し、ドリンク・補給食・チェーンロック・手荷物と言った嵩張る荷物はフロントバッグに放り込む使い方でした。

正直、大半のフロントバッグは『何でもポイっと放り込めちゃうぜ~♪』とベタ褒めできるほど大容量ではありませんが、一度使い慣れてしまうと中々手放せなくなるのも事実です。

そんな私が後釜に選んだのが『POTA BIKE/ポタバイク』という、あまり馴染みのないブランドのフロントバッグで、半ば興味本位で購入した為にそれほど期待していませんでした。

実はこの記事を書いている時点で既に一月近く使い続けているのですが、ふと気が付くとジワジワと浸食され、今までのフロントバッグには後戻りできない状態になっています。

地味だけど良い商品作るじゃん!と我ながら感心してしまったので、今回は謎ブランドこと『POTA BIKE/ポタバイク』のフロントバックを勝手に大プッシュしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ちょっと気になるブランド『POTA BIKE/ポタバイク』とは何ぞや?

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ02

新しいフロントバッグを見繕うにあたり、ネット通販大手のアマゾンを利用したのですが、例によって検索結果は怪しい中華製品まみれです。

勿論、その中にも作りのしっかりした真っ当な製品もありますが、良し悪しを嗅ぎ分けるにはある程度の経験と労力が必要になり、今のアマゾンでランキングやレビューを疑いなく信じるのは悪手です。

さて、今回の主役こと『POTA BIKE/ポタバイク』ですが、最初はぶっちゃけその冴えない見た目から、中華発の有象無象の一端だと勘違いしていました。

出来るだけ早く代替品が欲しかったですし、仕様も私の求めるものと合致していたので、あまり深く考えずに購入を決めましたが、耳慣れないブランドだけに、念のためサムネイル画像や商品説明に隈なく目を通し、ブランド名でgoogle検索するなどして調べてみると、このPOTA BIKE/ポタバイクは大阪にあるFun Goods合同会社の擁するブランドである事がわかります。

■POTA BIKE ブランドについて■
・POTA BIKE(ポタバイク)は、自転車ライフを楽しむ人を応援する日本のブランドです。
・POTA BIKE(ポタバイク)は、Fun Goods合同会社の登録商標です。

Amazon

商品説明の最後には上の様な注釈があり、アマゾンでの出品ショップ名は『denden』となっています、あからさまなサクラや水増しが透けて見える中華製と比べてしまうと、レビュー数はずっと少なく中華製に埋没してしまっているのが現状ですね…今のところ製品の販売はアマゾン経由が殆どなので、注目度の低さに拍車が掛かっている気もします。

実際に使った者からすると、見た目△ナゾ機能〇耐久性〇実用性◎な良くも悪くも細部に日本的な意匠を感じる製品なので、今後は安心してブランド買い出来るくらいまで知名度が高まってくれれば…と思わずにはいられません。

POTA BIKE『セミハードフロントバッグ』の細部をチェック!!

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ03

さて、私が今回購入したのはPOTA BIKE『セミハードフロントバッグ for ミニベロ』です。

一応、ミニベロ用となっていますが、ステムからタイヤまでの距離が25cm以上あればロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイクなど車種を選ばず使用できる作になっています。

前回購入したドラム型フロントバッグは重量物を収納したときの型崩れに苦慮したので、今回は補強板のあるセミハードタイプを選びました、因みに補強板の無い『シンプルフロントバッグ for ミニベロ 』という別バージョンもあるので、軽量さや柔軟な収納力を求めるならこちらを選ぶのも良いでしょう。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ04

パッケージ内には説明書的な物が二枚同梱され、取付け方の注意点などが丁寧に説明されています、日本ブランドとは言えこういった親切さは見かけなくなって久しいです。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ05

重量は420gほどで、これは肩掛け用のショルダーストラップを含んだ重さとなります、前述したシンプルフロントバッグは160gですから、軽量&省スペースを望むならこちらを選びましょう。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ06

裏側を見ると固定用のベルトが三箇所にあり、ハンドルバーに取付ける二箇所のベルクロは穴の位置を変える事でベルトの間隔を狭める事が可能です。

下部のベルトはステアリングコラムやブレーキ・シフトケーブルに固定するための補助ベルトで、この部分だけ素材が伸縮性のあるベルクロ付きゴムバンドになっています。

伸縮性がある上に何故かリフレクターも備わっているので奇妙に思っていましたが、この補助ベルトは裾ベルト/裾バンドとしても使えます、実際に使うことは無いと思いますが、なかなか面白い仕様ですね。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ07
超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ08

ハンドルに取付けるベルクロ部分はあまり見掛けない三重固定タイプになっていて、簡単には解けない様になっています。

このフロントバッグはショルダーストラップを左右にあるDカンにカチッと付けると、そのままポーチやサコッシュの様に使え、貴重品共々持ち運びできる設計になっているのですが、正直このベルクロ部分が強力すぎて頻繁に外す気分になれないのが残念です。

因みに、ベルクロをハンドルバーに隙間なく巻き付けるにはコツや慣れが必要です、取外しを想定していないなら隙間なく固定してもOKですが、前述のサコッシュ的にも使いたいなら、ベルクロは隙間が出来る様に緩めに固定しましょう、その方が着脱がずっと楽になります。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ09

蓋を開けて内部を確認すると、左右にDカン、ジップ付きポケット×1、ジップ無しポケット×1、ドリンクホルダー×1がありました、下にチラッと見えるのが未使用のショルダーストラップです。

実は購入の決め手になったのが内部の右側に見えるドリンクホルダーです、この機能はセミハードタイプにしか備わっていませんが、ボトルケージがツールケースに占有されている私には本当に有難いですね、街乗りでもロングライドでもペットボトル飲料を気軽に放り込んでおけます。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ10

フロントバッグの開口部はベルクロ仕様になっています、お察しの通り防水性は低くブルべなどには使えませんが、実際に使ってみると開口部が狭くなりがちな止水ジップよりも遥かに利便性が高く、小物の頻繁な出し入れで煩わしさを一切感じません。

一月近く使ってみて最も恩恵を感じたのがこの部分で、街乗りでは鍵の出し入れが素早くスムーズに、ロングライドでもペットボトル飲料の頻繁な出し入れが本当に苦になりませんでした。

よくよく考えると、この仕様はメッセンジャーバッグに採用されているものと同じで、手持ちの TIMBUK2とよく似た構造になっていました、ショルダーストラップが付けられる点からみても、このPOTA BIKE/ポタバイク製はメッセンジャーバッグをフロントバッグ化した製品と言えるかも知れませんね。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ11

試しに500mlのペットボトルを入れると画像の様になります、高さのある600mlペットボトルではフロントバッグの蓋が左右バランスよく閉まらず見栄えがイマイチになりますが、無理の効くベルクロ止めのお陰で多少の容量オーバーでも問題なく閉まります。

因みに、容量は2L程度、耐荷重は1.2kgとなり、内寸の横幅が約23cm高さが約19cmマチが約8cmとなります。

また、実際の外寸は500mlペットボトルをドリンクホルダーに収納した状態で横幅が約26cm、高さが約22cm、マチが約10cmでした、ドロップハンドルやブルーホーンハンドルに取付ける場合は26cmの外寸に対してハンドル内幅に十分なスペースが確保できることがポイントになるでしょうか。

ミニベロにPOTA BIKE/ポタバイク製フロントバッグを装着

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ12

早速、ミニベロのKHS F-20Rに取付けてみました、ボックス型のセミハードタイプなのでもう少し浮いた感じになると思っていましたが、マンゴーオレンジとブラックの車体に結構マッチしていますね。

フロントバッグ正面のライトグレーの横線はリフレクターになっているので、夜間の走行時は安全性も増しそうです。

ミニベロのフロントシングル化で10速チェーン&ワイドコグに交換イメージ09

真横から見ると、流石にボックス感が強調されてしまいますが、だらしなく型崩れするよりはマシですね。

因みに、フロントバッグ底部からタイヤまでの距離は25cmで、タイヤの小さなミニベロだけにクリアランス問題は一切ありませんでした。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ14

当初はハンドル用のベルクロだけでしっかりと固定できたので、伸縮性のある補助ベルトは不要かも…と思っていたのですが、実際に走行してみると路面からの振動や段差でフロントバッグが前後に揺れ、背板部分がケーブルやステアリングコラムを叩いてしまうのが確認できました。

結局、補助ベルトを使って三点どめにしましたが、補助ベルトは伸縮性がある上に必要以上に長く、そのままでは緩い感じにしか固定できません、上画像では補助ベルトを二重巻きにする事で遊びなく固定できていますが、別途ナイロンベルトや汎用ベルクロを準備するのも良いでしょう。

超オススメ!『POTA BIKE/ポタバイク』製フロントバッグの感想イメージ13

気になるハンドルまわりはこんな感じになりました、ブルホーンハンドルの内幅は約35cmでフロントバッグを装備しても左右に5cmずつ余裕があります。

実際に走行してみても、ハンドルの各部の握りで特に干渉する部分はなく、操作にも支障はありませんでした。

まとめ

地味だけど質実剛健で使い勝手は抜群、そんなPOTA BIKE/ポタバイク『セミハードフロントバッグ』を紹介してみましたが、防水性が乏しい点に不満を感じる方は別途でドライバッグや大型のジップロックをフロントバックの片隅に備えておきましょう。

個人的にもう少しだけデザインが洗練されカラーバリエーションが増えてくれたら…と思うのですが、その辺りは今後に期待したいと思います、以前もこのブログで軽く触れましたが、フロントバッグの出来が良かったので、追加購入を予定しているステムバッグもPOTA BIKE製にしてみようかなぁ~と目論んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ