風・雨・雪に強し!冬の自転車に『バーブサーマルパンツ』のススメ

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ01

ロードバイクであろうとママチャリであろうと、寒さの厳しい冬は何かと自転車が億劫になる季節です。

私はミニベロとファットバイクの二台持ちという事もあり、季節を問わず一年中自転車に乗り続けていますが、積雪のある北国住まい&ファットバイク乗りといった属性の影響から、冬場のサイクルウェアには人並み以上の拘りを持っています。

積雪の少ない地域なら、カジュアルな冬用サイクルウェアやロードバイク用の防寒ウェアに身を包むのがベストでしょうが、雪国で自転車に乗るための服装を突き詰めた場合、最終的にスキー・スノボ用のウェアか登山用のウェアに行き着く事が殆どでしょうか。

これらのウェアは機能性に優れる反面、見た目がガチ過ぎてカジュアルなイメージからはどんどん遠ざかります、ちょっとした買い物でも周囲から浮いてしまう事もしばしばですね。

よくある冬用サイクルパンツは汗抜けを優先するために防風性が前側のみだったり、ピッチリとした見た目がアレだったりと、力不足な上に私の好みにはそぐいません。

現在は全面に防風フィルムの備わった、ユニクロやエドウインの防風パンツや防風ジーンズを自転車用として騙し騙し使っていますが、残念ながら雨や雪による濡れには弱く、おまけに防風フィルムの影響でストレッチ性に乏しいため、ペダリングで膝が突っ張り足首が露出しやすくなるといった欠点があります。

ここ数年の間、なかなか私の希望に適う冬用サイクルパンツに出会えないでいましたが、最近になってカジュアル寄り且つ機能性に優れる冬用サイクルパンツを漸く見付けました。

本来の用途は登山に使う秋冬用のトレッキングパンツですが、今回は冬の自転車用としても使い勝手が良さそうなノースフェイスの『バーブサーマルパンツ』を話題にしてみます。

スポンサーリンク

見た目はアルパインライトパンツ?『バーブサーマルパンツ』の仕様

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ13

ファッションに明るい方なら一度は耳にしたことがあると思いますが、アウトドア用のパンツでありながら美しいシルエットと抜群の着心地から街着として大ヒットし、ノースフェイスの看板商品となった『アルパインライトパンツ』という製品があります。

今回購入したバーブサーマルパンツは同じノースフェイスが手掛けたとあって、シルエットや着心地が大変良く似ていて、冬用に防寒性を高めたアルパインライトパンツといった印象でしょうか。

アルパインライトパンツとの違いは、ウェービングベルトやベンチレーションの有無、裾部分のギミックや起毛した裏地などで、機能性のアップと共に少しだけアウトドア色が強くなっています。

現時点でのカラーバリエーションは三色で今回はブラックを選びました、カジュアル寄りな着こなしに使うならオリーブ色のWM/ワイマナラ―ブラウンがベストかも知れませんが、手持ちのアウターと色が被っていたため、今回は購入を見送りました。

因みに、ノースフェイスからは秋冬向けのドーローウォームパンツという製品もリリースされています、生地が二重になっていて裏地が起毛したトリコット生地になっているなど防寒性ではバーブサーマルパンツを上回りますが、ストレッチ性に乏しくシルエットがユニクロのウォームイージーパンツ並みにルーズなので、自転車用としては正直あまりおすすめしません。

裾の作りが秀逸!バーブサーマルパンツの詳細やサイズ感について

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ02

さて、バーブサーマルパンツの細部をチェックしてみますが、ウエスト部分には調節可能なウェービングベルトが備わっています。

前述した通り、アルパインライトパンツではウエスト内側の紐で調節する仕様になっているので、この部分はアウトドア色が強いですね、この手のウェービングベルトは素材のナイロンが硬質で、フリースやニットなどの柔らかいトップスと合わせると裾の生地を削ってしまう事があるのですが、このパンツには柔らかくしなやかな攻撃性の低い素材が使われていました。

サイドポケットはジップ仕様で開閉しやすい様にジップタグが備わっています、アウトドア色を軽減したいなら取外すのもアリですが、実際はそれほど気になりません。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ03

バックルはフックタイプになっていて、個人的にノースフェイスのパンツでは初めて見る仕様です、樹脂製のパチンと留めるタイプは良く見掛けますが、こちらの方が手袋をしたままでも着脱が容易そうですね。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ04

ポケットの裏地は丈夫で汗抜けの良いメッシュ地になっていました、今回はLサイズを選択し平置きした時の実寸は【ウエスト】37cm(最大42cm)、【ヒップ】53cm、【ワタリ】27cm(股合わせから10cm下)、【股下】78cm、【股上】23cm、【膝幅】21cm、【裾幅】18cmです。

ヒップや太腿まわりには適度なゆとりを持たせ、膝から裾に掛けてスッキリとシェイプさせたお馴染みのテーバードシルエットです、数値だけ見るとLサイズの割に股下が少し短いかなぁ~と感じるのですが、脚にのラインに沿う形状になってせいか身長180cm強の私でも十分なサイズ感でした。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ05

ヒップポケットは右側のみ備わっています、冬場はアウター側に収納スペースを確保できるので、出番は殆ど無いかも知れませんね。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ06

フロントジップはアルパインライトパンツと同様に上下どちらからでも開閉できるようになっています、本来は腰回りにハーネス等を装備した状態でも使える様にするため工夫ですが、尿意が近くなる冬場はアウターの裾が干渉しない下側からスムーズ且つ速やかにジッパーを開けられるので、小用を足す際はニヤリとするくらい便利に感じます。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ07

タグを見ると化繊主体のパンツで起こりやすい静電気対策が施されています、冬場は特に多くなりますし、黒いパンツは吸着した埃や糸くずが目立ちやすいので、何気に有難い機能ですね。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ08

さて、注目してもらいたいのはこの裾部分です、私が購入を決めた最大の理由もこの部分で裾の前側にフックが備わっています。

このフックはシューズの紐部分に引っ掛けて使い、裾のずり上りやシューズ内へ異物が入り込むのを防止する効果があるのですが、これは自転車のペダリング時にも役立ち、寒空の中足首を露出させたり、足つきの際に靴に雪が侵入する事が少なくなります。

スパッツやゲイターと呼ばれる足首まわりを覆う登山用品の機能をパンツにそのまま付け加えた機能な訳ですが、ついでに靴紐の結び目も裾で覆ってしまえるので、ぷらぷらと暴れる靴紐が運悪くチェーンリングに絡まって大惨事に…なんて事態も予防できるかも知れません。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ09

使わないときは上画像の様にフックを固定でき邪魔になりません、チラッと見えますが裏地には起毛した手触りの良い生地が使われ、ユニクロのヒートテックジーンズよりも気持ち薄い仕上がりでしょうか。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ10

裾部分にはフックだけでなく両サイドにハトメも備わっています、こちらの用途もスパッツやゲイターにあるものと同じで、左右のハトメに丈夫な紐を渡してから靴底の窪んだ部分に紐を固定して裾がずり上がるのを防止できます。

機能的には正面のフックだけで十分ですし、カジュアル寄りに着たい場合はこのハトメが邪魔に感じますが、裾をロールアップすれば少しは目立たなくなるでしょうか。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ11

膝は立体裁断になっている上に低温下でも伸張回復性を維持するストレッチ性の高い生地のお陰で、抵抗感を感じない足上げが出来る様になっています、試しに立った状態で膝を90度まで持ち上げてみましたが、膝に突っ張る感じは一切なく、フック未使用でも裾のずり上りが殆どありませんでした。

また、高密度な表地は防風性と撥水性を備え多少の雨や寒風にも耐えられる作りになっています、私の経験上、防風性の面では生地の間にフィルムを挟んだ力技の防風パンツには劣りますが、今まで使用したトレッキングパンツやソフトシェルパンツの中ではかなり上位に入る防風性を誇っています。

冬の自転車に最適!ノースフェイス『バーブサーマルパンツ』の感想イメージ12

最後にチェックするのがココ、左右の太腿部分には換気用のベンチレーションがあり、真冬でも汗だくになりがちな雪道で役立ってくれます。

一通りバーブサーマルパンツの細部をチェックしてみましたが、前述の通りベースや着用感はまんま人気モデルのアルパインライトパンツでした、細く綺麗なシルエットの割にインナーにタイツを重ね着できる余裕もあるので、北国の厳冬期でも重ねばきで対応できそうですね。

まとめ

昨年の冬は防風ソックスの DexShell/デックスシェルのお陰で乗り切れましたが、今シーズンはバーブサーマルパンツをプラスして更に快適な自転車ライフを送れそうです。

足冷え解消!冬の自転車に『DexShell』防水・防風ソックスを試す
冬の自転車にオススメな『DexShell/デックスシェル』防風・防水・透湿ソックスの感想をまとめています。この靴下は三層構造であたたかく、ペダリングで露出しやすい足首を風や雪、雨や水しぶきから守り、足濡れや足冷え対策に優れた効果を発揮します。

裾のフックがあればペダリングでソックスを含む足首まわりがみっともなく露出する事はありませんし、靴紐の有無を気にせず自由にシューズが選べるのも嬉しい点でしょうか。

流石に完全防水では無いのでみぞれや氷雨には敵いませんが、今回購入したバーブサーマルパンツはオールラウンド用、濡れ対策するならトレラン用のSALOMON/サロモン『BONATTI WP PANT』に厚手のタイツの組み合わせて使うのが良さそうです。

因みに、ノースフェイスの『レッドランプロロングパンツ』も真冬の自転車に使ってみたくなるパンツですね、バーブサーマルパンツとどちらにするか最後まで悩んだ製品で、こちらは中綿入りで防寒に全振りな仕様ですが、膝から下がスッキリとシェイプされ実に自転車向きのパンツに見えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ