ファットバイクの油圧式ディスクブレーキを機械式に交換した理由

自転車用ディスクブレーキ

愛車のファットバイク『アーガス エキスパート』のディスクブレーキを

油圧式から機械式(メカニカル・ワイヤー式)に交換することにしました。

油圧式よりも制動力に劣る機械式ディスクブレーキにする事は

一般的にはダウングレードに相当し、ある程度の知識をお持ちの方にとっては

愚行とも受け取れるかも知れません。

数十年ぶりにスポーツ車を購入し、何もかもが初めて尽くしな状態で

油圧式どころかディスクブレーキも当然の事ながら初めての体験でした

初乗り時には、何気ない停止でジャックナイフしそうになるなど

その軽いタッチと制動力の高さには胆を冷やしつつ驚いたものですが

一年近く使い続ける内に、様々な不満が噴出してきました。

スポンサーリンク

ディスクブレーキを油圧式から機械式にした理由

Hayes Radar Comp 01

 

前述の通り、油圧式ディスクブレーキの機能面には全く不満が無く

逆にブレーキが効きすぎて困るほどでしたが

あえて、機械式にダウングレードしようと思ったのは

予想外にトラブルが多発してメンテナンスに手間取るのと

ブレーキからシャリシャリと音がする

いわゆる引きずりが頻繁に起こることが理由です。

ネット上で調べれば、幾らでも対処法が見つかりますし

実際、ブレーキパッドを外して飛び出したピストンを押し戻す程度なら

大した手間ではありませんが

エア抜きやブレーキフルード交換ともなると、そう気軽には行きません。

更に、アーガス エキスパートの油圧式ディスクブレーキは

Hayes Radar Compという国内では余り流通していないモデルで

メンテナンスの参考になる情報も少ないですし

エア抜きに必要な器具やメーカー純正の

ミネラルオイル(シマノ製でもOKらしい)を集めだけでも一苦労なのです。

 

Hayes Radar Comp 02

 

余談ですが、このHayes Radar CompはCrosshair(クロスヘア)と呼ばれる

特殊なクリアランス調整機能を持っていたり

ブレーキフルードが汎用のDOT4ではなく

Hayes初のミネラルオイル仕様だったりします。

何が原因なのかわかりませんが、海外のレビューでは

制動力に関しての評判が芳しくなく、2017年モデルのアーガス エキスパートからは

シマノ製の油圧式ディスクブレーキに変更されています。

稼働率の割に、半年で幾たびのトラブルに見舞われ

情報収集も含めてメンテナンスに手間取るのに嫌気が差したのもありますが

機械式に交換すると決めた一番の理由は

クリアランス調整の自由度の低さと、ブレーキの引きずりが頻発する点です。

ブレーキパッドの減りに関わらず、一定のクリアランスを保ち続けてくれるのが

油圧式の利点で、メンテナンスが容易だと言われる所以でもあるのですが

如何せん標準でのクリアランス幅が狭すぎます

ブレーキパッドとローター間のクリアランスは左右を合わせても

1mmあるかないかで、ほんの少しの変化でもブレーキパッドとローターが接触し

事あるごとに、シャリシャリと引きずり音がするのです。

軽度であれば、油圧式ディスクブレーキではそれが普通だという意見も聞きますが

油圧式ディスクブレーキの場合、取り付け位置を変える以外のクリアランス調整方法が無く

パッドクリアランスに余裕を持たせることが出来ない点に不満を感じてしまうのです。

よく知られた話として、ディスクブレーキ仕様のロードバイクでは

クイックリリースでホイールを付け外しした後に

僅かな取り付け位置の狂いから、必ずといって良いほどブレーキの引きずりが生じ

ブレーキ位置の再調整が必要になります。

この問題は毎回しっかりと同じ位置に固定できる

MTBやファットバイク採用のスルーアクスルでは起きづらいのは確かですが

ねじ込みのトルクやレバーの締め付け加減が毎回一定していなかったりすると

フロントやリアのエンド幅に微妙な狂い生じ、クリックリリースと同じように

ブレーキから引きずり音が出てしまいます。

また、たとえブレーキパッドとローターが触れないように

完璧にクリアランス調整したとしても

高速で走行すると地面から拾った振動でローターも振動し

しなりやすいローターの外周がパッドに触れて引きずり音が生じます

本当に、気にしだしたら切りがないのが実情ですが

自分で調整出来る余地は、可能な限り残しておきたいのです。

シマノ製機械式ディクスブレーキに変更

shimano(シマノ) BL-T4000ブレーキレバー BR-M375機械式ディスクブレーキ

 

さて、機械式のディスクブレーキに交換するにあたって候補は三つありました。

一つ目は機械式でありながらブレーキパッドの片減りや

ローターの変形を防ぐことが出来る両対向ピストン仕様の『TRP SPYKE』

二つ目は油圧式に劣らない制動力と

クリアランス調整の容易さが売りの『SRAM AVID BB7』

三つ目が情報が得やすくコストパフォーマンスに優れた『SHIMANO BR-M375』

結局、初めての機械式ディスクブレーキということで

あとあと不満が出てもダメージの少ないSHIMANO BR-M375を選びましたが

左右のブレーキレバーと同梱のインナー・アウターケーブル

リアとフロントの機械式ディスクブレーキ本体を合わせても6000円未満と

交換前のHayes Radar Compと比べて、三分の一以下の価格です。

最後まで後ろ髪引かれたのは、やはりTRP SPYKEで

片減り防止の両対向ピストンと左右から簡単にクリアランス調整出来る機能に

強く惹かれましたし、露出したケーブルに雪や泥が付着し

制動不能にならない為の細かな工夫にも魅力を感じます

ですが、対向ピストン故にブレーキの引きが重いらしく

ブレーキの効きがイマイチだとの評判を見掛けたため

今回は価格面も含めて見送ることにしました。

【追記】後日、実際にTRP SPYKEを試してみたところ

引きの重さはエントリークラスの機械式ディスクブレーキと同程度でした。

制動力も十分な上に、パッドクリアランスやブレーキの効き具合

レバータッチなどが大変調整しやすく

初心者にもオススメできる良質なブレーキでした。

調整方法が超簡単に!機械式ディスクブレーキ"TRP SPYKE"の感想
機械式ディスクブレーキ『TRP SPYKE/SPYRE』に交換した感想をまとめています。油圧式と同じ対向2ピストンが採用され、ローターの歪みやパッドの片減りがありません。クリアランス調整も簡単で引きずり音や音鳴り解消にもオススメな製品です。

この対向ピストンの機械式ディスクブレーキは

今後、需要が見込まれる分野らしく結構頻繁に新製品がリリースされます。

 

REVER MTN1&MCX1対向ピストンメカニカルディスクブレーキ

 

特に後発のREVER社製機械式ディスクブレーキ

MTB用『MTN1』やロード用『MCX1』は引きの重さが改善されていて

対向ピストンの機械式ディスクブレーキでは、かなり魅力的な選択肢になっています。

ハイブリッドディスクブレーキが最適か?

ディスクブレーキに第三の選択肢としてハイブリッド式が

じわじわと話題になり始めています。

ブレーキレバーやブレーキワイヤーは機械式そのままで

キャリパー部分のみが両対抗ピストンの油圧式になっている仕組みですが

ブレーキフルード(ブレーキオイル)が最小限しか使われていないので

エア抜きやブレーキフルード交換などの面倒なメンテナンスをする必要がありません。

おまけにブレーキの引きも機械式より軽く、製品によっては

純油圧式よりも自由度の高いクリアランス調整が可能になっているので

耳障りなブレーキの引きずり対策も十分です。

ハイブリッドとは言っても、もちろん油圧式なので

ブレーキもガツンと効きますし、個人的にかなり魅力を感じます

まだまだ、選択肢が少なく代表的な製品は『TRP HY/RD』

ダイアコンペの『JuinTECH R1』くらいしかありませんが

願ったり叶ったりの仕様なので食指が動きます。

元々はロード用ながら、ファットバイクでも使えそうなのが

マウントアダプターで180mmローターにも対応可能な『TRP HY/RD』です

前述の『TRP SPYKE』よりも更に高価なのがネックで

現時点ではとても気軽に試せる代物ではありません。

ダイアコンペの『JuinTECH R1』はコスパが抜群で軽量なのがウリですが

こちらも、ロードバイクやクロスバイク用の製品ということで、注意書きに

『MTBやダウンヒルバイクでの使用では十分な制動力が得られない』

とアナウンスされているのが少し引っ掛かります。

とは言え、前後セットで販売されているコスパの良さや

クリアランス調整の容易には目を見張るものがありますし

十分な制動力が得られないといっても

有志によるYouTube上のテスト動画を見る限りでは

引きの軽さやブレーキの効きは安価な機械式よりも確実に上です。

公式には160mm径のローターにしか対応していないとの事ですが

海外では普通に180mm径のローターとセットで販売されているので

マウントアダプターを噛ませれば問題なく使用できそうです。

因みに『JuinTECH R1』はロード・クロス用なので

引き量が異なる、ファットバイクやMTBのVブレーキレバーが使えません

ロードやクロスのフラットハンドルに対応した

『TIAGRA BL-4700』や『ULTEGRA BL-R780』などの

ブレーキレバーを別途準備する必要があるので注意しましょう。

余談ですが、ダイアコンペ製『JuinTECH R1』は

ASHIMA(アシマ)製ハイブリッドディスクブレーキのOEM品らしく

市場にはダイアコンペ製、ASHIMA(アシマ)製、HTR製の三種類が存在しています

ブレーキ本体にプリントされたメーカー名は異なりますが

仕様は全く同じなので、どれを選んでも差はありません。

まとめ

mongoose argus expert 2016_01

 

私の不満は油圧式ディスクブレーキに慣れた方にとっては

鼻で笑われるレベルかも知れませんが、機械式の方が

感覚的に調整が出来る分、初心者の私には好みでしょうか。

機械式に変更したことで、ブレーキパッドの片減りやローターの変形

ワイヤーへの泥や雪の付着など、機械式ならではの新たな問題も出てきそうですが

実際に取り付けて20kmほど試走してみても、今のところ特に違和感はありません。

機械式にしたことで、シャリシャリと耳障りな引きずり音が一切しなくなりましたし

スルーアクスルの締め付けトルクも以前ほど気にする必要がなくなりました。

流石にディスクブレーキ本体は手で持ってもわかるくらい

油圧式よりも重いですし、レバーの引きも抵抗感が増しましたが

後日、ブレーキケーブルを『Jagwire Elite Link』に交換したところ

驚くほどの改善が見られました。

"Jagwire Elite Link"で引きの重いブレーキが超スムーズに!!
ブレーキレバーの引きが重いと感じたら、ケーブルをJAG WIRE(ジャグワイヤー) のElite Link Brake Kit(エリート リンク ブレーキ キット)に交換する方法をオススメします。滑りの良いインナーケーブルとコンパクトなケーブルラインのおかげでブレーキレバーの引きが劇的に軽くなります。

最低グレードのシマノ製機械式ディスクブレーキにも関わらず

制動力は予想していた以上で、特にフロントは過不足ありません。

設定とクリアランス幅を煮詰めていけば、フロント・リア共に

タイヤがしっかりとロックされる位には仕上がってくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自転車
ヨロズバ